漫画「帰還者の魔法は特別です」132話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」132話のネタバレ

爆発音の後、砂煙の中から姿を見せたのはデジールとロマンティカ、そして横たわるホムンクルスと、腹部を撃ち抜かれたプルースだった。

プルースは、研究さえ完成していればお前たちなど敵ではなかったのにと、瀕死の状態で悪態づく。

デジールはプルースに、一人ではできない研究だ、バックは誰かと問う。

プルースが答えを拒否したので、デジールはプルースの膝を踏み、答えればなるべく苦しまないように殺してやるのにと脅す。

デジールがとどめを刺さずとも、プルースは突然死亡し、クエストは完了した。

次はプルースの協力者の始末だった。

その瞬間、デジールは何かに気づき、また、プルースを支援していたものはプルースの死をモニターで確認していた。

その後、領主がやってきて、デジールとロマンティカに頭を下げた。

まさか賢者と呼ばれるプルースが、ここまでひどい研究をおこなっているとは思わなかったのだ。

お詫びをするというので、デジールは急いでいかなければならないから、空間移動ゲートを使わせてほしいと言うと、すぐに準備してくれることになった。

待っている間、ロマンティカが、ホムンクルスが作られたなど聞いたことがないので、実際の歴史とかなり違うからこの影の世界はおかしいと話す。

デジールは、影の世界は嘘をつかないから、自分たちが知っている歴史の方が偽りだと言う。

ホムンクルス研究は成功したが、彼の協力者がその事実を隠しているのだろうと言うデジール。

ホムンクルスの因果律操作は神の領域だったので、もし高ランクのマナを保持していたらどうなるかと、デジールは考える。

新しいクエスト、協力者を探すために、マナを保存できるマナ板を回収した。

マナ板を作れるのは大陸中で魔道王国しかなく、技術が漏れるのを防ぐために国からの持ち出しを禁じていた。

魔道王国は初めの目的地なので、アゼストとプラムと合流し、クエストを進めてみることに。

そうこうしているうちに空間移動ゲートの準備が整った。

一方、ケイ・ハズマルン側は、順調に飛行船を進めていた。

彼らはプラムを気に入っていて、優れた剣士になるだろうと、ケイ・ハズマルンも目を細める。

飛行船は、魔道王国とヘブリオン帝国の国境の都市グリンフェルに上陸する。

飛行船から降りたプラムとアゼストは、デジール達と合流する。

飛行船の兵士たちは、あの高さからおちても平気だったのかと唖然とし、ケイ・ハズマルンは、魔法使いであるデジール達をじっと睨むのであった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」132話の感想

ホムンクルス戦は終了しましたね。プルースは雑魚っぽく死にましたが、因果律操作ができるホムンクルスを作り上げたのはすごいですね。

120話でアウターが作ろうとしていたのは、高ランクのホムンクルスなのでしょう。

完成間近と言っていましたが、恐ろしく厄介な敵が誕生しそうですね。

あの死神仮面のアウターは、プルースの支援者と関係していそうです。本人だったりして。

また、デジール達はやっと合流することができましたが、魔法使い嫌いのケイ・ハズマルンはどうにも気に食わないようです。

メインクエスト進行に支障がなければいいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください