漫画「入学傭兵」プロローグ~5話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun


帯刀壮馬(タテワキソウマ)は、8歳の頃に飛行機事故に遭い、唯一生き残った。その後、生き延びるために10年間傭兵として過ごし、非常に優れた能力を持つ。縁あって、2歳年下の妹と、祖父のいる日本に帰国し、高校3年生として妹と同じ高校に入る。戦いのプロである主人公が無双するアクション漫画です。

毎週木曜日に最新話が更新されます

漫画「入学傭兵」プロローグ~5話のネタバレ

海外での救出作戦に失敗し、敵に捕らえられた冨田少佐達。

助けに現れたのは、たった1人の日本人の少年傭兵・帯刀壮馬だった。

凄まじい戦闘能力を持つ彼は、あっという間に敵を制圧し、皆を助け出す。

その6ヶ月後、妹・由利奈と祖父がいる日本に帰国し、妹の通う高校に3年生として転校する。

壮馬は10年前の飛行機事故で亡くなったと思われていたため、祖父は涙を流して彼を迎える。兄妹は互いに記憶がおぼろげなため、やや緊張気味。

少佐との約束で、相手が心配だから喧嘩をするなと言われていたが、妹が虐められているのを知り、絡んできた学生を一撃で倒す。

由利奈は勉強ができて可愛いため、中学の頃から男子に人気があったのだが、それを妬まれてイジメが始まり、高校に入ってからは特に酷くなった。

イジメの主犯格は、3年3組の番長・西村直也の妹の果奈子で、日常的に由利奈に暴行を加えていた。

直也が壮馬をリンチするために仲間と一緒に壮馬のクラスに来たが、ボロボロの由利奈を見た壮馬に一瞬で返り討ちにされる。

壮馬の圧倒的な強さに、クラスメイトらは呆然とし、イキっていた者たちは青ざめるが、プライドの高い果奈子だけは怒りが収まらなかった。

兄に喧嘩をさせてしまったと由利奈は謝るが、壮馬は、自分のことだけ考える世界で生きてきたが家族が関わる場合だけ違った、助けて当たり前だと話す。

彼は家族というものはどんな存在か知りたいと思っていた。

その後、果奈子はたった1人にやられたままでいいのかと、兄の直也を煽るが、だが直也は壮馬の実力を目の当たりにしたため、黙ってろと怒鳴る。

納得できない果奈子は仲間を連れて、登校中の由利奈をカラオケに連れ込み、カツアゲと殴る蹴るの暴行を加えた。

由利奈は登校せずに、家で布団にくるまって耐えた。

壮馬は、妹が無断欠席し、様子がおかしいこと、妹のスニーカーに血がついていることに気づくのだった。

漫画「入学傭兵」プロローグ~5話の感想

主人公が最強なので、ハラハラすることなく安心して読める漫画です。

ストーリーも絵も読みやすく、万人受けすると思います。

イジメについて、妹が腹を蹴られたり顔を殴られたりと、かなり酷いことをされているので、嫌な気持ちにはなりますが、サクサクっと制裁&最後まで手を抜かないのでご安心を。

ちなみに、由利奈は可愛いのでイジメに遭うのですが、その兄である壮馬もイケメンです。壮馬はイケメン転校生だと騒がれていました。

とりあえずイケメン戦闘プロが無双する漫画です、重たい内容ではなく、アクションを楽しみながらさっくり読めるのでオススメです。


6~10話までのまとめはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください