漫画「皇女、反逆者に刻印する」20話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

漫画「皇女、反逆者に刻印する」20話のネタバレ

帝国アカデミー・グノシスに通う、貴族の令息達の集まりに向かうイブ。

その集まりの中にいる、皇室諮問会の一員ラインデル伯爵の息子、リミテージョ侯爵の息子は、長男でなくても爵位継承できた優秀な人物で、イブに足りない政治的な後ろ盾にはもってこいだった。

彼らに近づくために、ミカエルには少し離れたところで待機してもらう。

社交界は伴侶探しの場でもあるので、敢えて隙を見せ、あの6人のうちの1人に興味を持ってもらおうと考えた。

ご一緒して宜しいですかと声をかけると、リミテージョ侯爵の息子カリックスが席を勧めてくれた。

アカデミーの話をふり、そこそこ盛り上がる場。

イブのグラスが空になると、子息達は慌てて注ぐが、炭酸水ではなくブランデーで、2つもグラスを持たされる羽目になってしまった。

帝国では、相手に初めて注いでもらった盃は飲み干すが礼儀なのだが、困らせるためにわざとやったのかと彼女は困惑する。

するとカリックスが、自分が飲みましょうかと手助けを申し出る。

まだ注いでもらっていない異性に代わりに飲んでもらうこともできるのだが、見返りが必要になるため、イブは警戒する。

カリックスだけが注いでいなかったので、カリックスにしかグラスを渡せないよう、始めから仕組まれていたようだ。

何を見返りに求められるのかとイブが決めかねていると、いつの間にか傍に来たミカエルがグラスを飲み干した。

アルコール度数が高いのできつくないか心配するも、ミカエルは平気だと言う。

思惑が外れたカリックスが、ホムンクルスは毒への免疫訓練を受けているからこれぐらいでは何ともないようだと言うと、このような場面で主人をサポートするのが我々の仕事だと、ミカエルは牽制する。

剣呑な雰囲気になったので、イブはさっさと引き上げることにする。

ベランダにでる2人。

ミカエルが、俺の存在を忘れていただろうと指摘すると、イブは、これまで誰かに助けてもらったことがなかったから考えつかなかったと答える。

最後の2杯には強めのワインも混ぜられていたのだが、これまで同じようなことは何度もあったと話す彼女。

ミカエルは、これからは同じようなことがあったら俺を頼れと言う。

イブは、味方がいることに心から嬉しく思うのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」20話の感想

各エピソードの最後に、イブの宝箱という、デフォルメされたキャラクターの1コマ漫画があるのですが、今回はカリックスもそこに入ろうとしていて、ミカエルが通せんぼしていました。

カリックスの求めるものは、イブを仲間にしたいというものなのでしょうか。ミカエルと火花を散らしていたので、政治的に利用するのではなく、別の目的で彼女を取り合っているように見えますね。そうだと面白いのですが。

しかし、女性にブランデーにワインを混ぜた物を飲ませようとするなんて、いくらなんでも酷いですね。しかもあんんな大きなグラスで。

イブはこれまでにも経験があるそうなので、倒れたりしていないと良いのですが。それを知ったミカエルは、彼女を守ろうと、ますます決意を固くしたようです。

無事にカリックスから逃れることができたのですが、当初の目的である、政治的な後ろ盾を得ることができていないのが、やや気になります。

まとめ

・政治的な後ろ盾になってもらおうと、イブは帝国アカデミー・グノシスに通う、有能な子息らの集まりに近づく

・その中の1人カリックス・リミテージョが、見返りを要求するべく、イブが断れない状況をつくる

・ミカエルが助けに入り、イブは無事にその場を離れることができた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください