漫画「皇女、反逆者に刻印する」6話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」6話のネタバレ

ハーデルラミド帝国の皇帝は、一夫多妻・一妻多夫が認められているので、現皇帝には既に18人もの子供がいた。

父への朝の挨拶はランダムに選ばれた数人が行うことになっているので、好きなときに会えるわけではない。

その日はイブが挨拶に行く日で、双子の第4第5皇子、第3皇女ブリジッテと第8皇女ロゼニットも一緒だった。

その皇女2人と挨拶が一緒だった日は1度だけで、過去にてブリジッテの策略に嵌められ、父に憎悪されるキッカケになった日だった。

タイムリープ初日がその日だったのは意味があるに違いないと、イブは考え、皇室の厄介者と呼ばれないように振る舞うことを決める。

優雅なブリジッテ、愛らしいロゼニットに見劣りしないように、地味なドレスではなく華やかなものを選び、セデラーに美しく仕上げてもらう。

各皇女がどのような髪型だったかも思い出し、ヘアメイクの参考にしてもらう。

髪飾りは引き出しにしまってあった、あるものを使う。

そうしてイブは皇帝のもとへ向かうが、皇帝に出すお茶の準備で手間取ってしまい、急がなくてはならなかった。

だが皇宮内では魔法の使用が禁止されているので、小走りで進む。

すると後ろから、ロゼニットに声をかけられた。

皆に愛されて何でも手に入れてきたロゼニットは、ミカエルの子も身籠り、皇妃の座も得ることができたのに、唯一の皇族になりたいという理由だけで、イブを殺した憎むべき相手だった。

イブは怒りを抑えるために、拳を固く握りしめるのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」6話の感想

運命が分かれる日にタイムリープしたのですね。準備期間がないので、なかなか大変そうに見えますが、イブは適応力がありますね。

空中監獄にいるミカエル対策のために、皇帝に会わないといけないのですが、ブリジッテとロゼニットという、イブを騙した女達と一緒でした。すごい組み合わせです。

ロゼニットに至っては、目覚める直前に、やっと死んだとまで言われたので、視界にいれることすら難しいと思います。

でも皇太女になるためには、恐怖や怒りを全て抑えて立ち向かわないといけないので辛いですね。

まとめ

・タイムリープ初日は、ブリジッテに嵌められ、父である皇帝に嫌われるキッカケになった日だった

・イブは、ブリジッテとロゼニットに対抗するために、装いから変えた

・皇帝への朝の挨拶に向かう途中、過去で自分を殺したロゼニットに話しかけられる


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください