漫画「皇女、反逆者に刻印する」5話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」5話のネタバレ

イブの専属メイド、セデラー・アルフェルがお茶を持ってきた。

セデラーも若返っているので、タイムリープしたことは間違いないと悟ったイブは、今がいつ頃なのか確認する。

来週には第8皇女ロゼニットの20歳の誕生日パーティーが開かれると聞き、イブが21歳、タイムリープで8年前に戻ったことがわかった。

皇族の20歳の誕生日は特別で、自身直属のホムンクルス騎士を指名する、指名式がある日だった。

帝国の白薔薇と呼ばれるほどの美貌をもったロゼニットは、多くのホムンクルスから指名を希望されたそうだ。

既にロゼニットの専属騎士は、銀髪の騎士シルヴァスティアン・ミラード卿で決定しているとのこと。

彼はその容姿も剣術も魔法も優れていたが、3年後にはミカエルを選んだロゼニットによって捨てられてしまうのだ。

しかもロゼニットからミカエルを望んだのではなく、ロゼニットを踏み台にして皇帝の座を得るために、ミカエルの方から彼女に近づいたのだった。

帝国を滅亡させないためには、ミカエルとロゼニットの接点を作らせてはいけなかった。

セデラーは、イブを希望するホムンクルスがとても沢山いることを教えるが、自分には何の力もないと、イブは本気にしない。

ついセデラーは、イブ皇女様も専属騎士を置いたらいいのにと呟く。

イブが頑なに専属騎士を指名しないことと、イブの母が平民の錬金術師のためイブ自身は半皇族であることから、そのメイドであるセデラーも苦労していた。

イブの母は、ゴーレム錬金術の権威で、意識と自我を持つ全ての存在を愛していたため、イブはホムンクルスも人間と変わらないと考えるようになった。

イブはホムンクルスの処遇改善を訴えてきたが、反感を買っただけで官僚たちから見放され、生活費まで減らされてしまった。

生活費の削減でセデラーは苦労しているのだろうと、イブは申し訳なく思う。

前世では、イブの監禁と同時に皇宮を追われたそうなので、今度こそ幸せにしてあげようと考える。

セデラーは、皇女の幸せが自分の幸せだと言い微笑む。

イブは、二度目の生を活かすために、何でもやろうと決意する。

そのためには、現在、空中監獄にいるであろうミカエルの問題を解決することにする。

まずは皇帝である父に会いにいくのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」5話の感想

ロゼニットは、帝国の白薔薇と呼ばれるほどの美貌だったようですね。イブはベラドンナと言っていましたが。

そんな彼女の横に並ぶに相応しい専属騎士シルヴァスティアンを指名したにも関わらず、ミカエルの登場で、シルヴァスティアンを捨ててしまいました。専属騎士はアクセサリー感覚のようです。

皇族が専属騎士をそのように扱うから、同類だと思われたくなくて、イブはこれまで専属騎士を指名してこなかったのでしょうか。確かに努力した結果が皇族のアクセサリーだなんて、ホムンクルスが気の毒過ぎます。

なんとかホムンクルスの現状を変えるために動かないといけませんが、ホムンクルスとセデラー以外の支持がないのがきついですね。皇帝に会い、少しでも気に入ってもらえたらいいのですが。

まとめ

・タイムリープで、イブ21歳、ロゼニット20歳の8年前に戻ったことがわかった

・ロゼニットの専属騎士はシルヴァスティアン・ミラード卿だが、3年後にはロゼニットを利用するためにミカエルがその座を奪う

・現時点で空中監獄にいるミカエルに対処するために、イブはまず皇帝である父に会うことにする


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください