漫画「皇女、反逆者に刻印する」7話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」7話のネタバレ

イブはなんとか感情を押し殺して、ロゼニットに笑顔で対応する。

ロゼニットは、いつもと違うイブの服装に、嫌味な言い方をするが、お互い笑って流す。

ロゼニットは正式指名まで待てなかったのか、ホムンクルスのシルヴァスティアン・ミラードを護衛として連れていた。

シルヴァスティアンは丁寧にイブに挨拶する。

過去でシルヴァスティアンはロゼニットにゴミのように捨てられたので、今度はそんなことさせないとイブは考え、貴方なら立派に主人を支える最高の騎士になれるはずだ、いい出会いを祈ると伝える。

シルヴァスティアンは、初めて自分を見た皇族の方はまず銀髪に興味を示すので、イブのような言葉は有り難いと言い微笑む。

実際に彼の容姿が目当てだったロゼニットは機嫌が悪くなった。

イブとロゼニットは、2人並んで皇帝らが待つ食堂に入る。

第4皇子ルベンス・ハーデルラミド、第5皇子イカリス・ハーデルラミド、第3皇女ブリジッテ・アグネス・ハーデルラミドは既に着席していた。

双子皇子はロゼニットの愛らしさを褒め称え、皇宮内の草木はロジーという花を際立たせるために存在しているのだと、唯一ライムブロンドであるイブを嘲笑する。

皇族は全員金髪なのだが、イブだけ卑しい生まれの象徴であるライムブロンドだった。

半皇族だと馬鹿にされ、過去では惨めに感じたものだが、今となってはくだらないことだったので、にっこりと微笑む。

今重要なのはブリジッテとロゼニット、そして皇帝なので、イブは皇帝の登場に緊張するのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」7話の感想

イブはホムンクルスを、同じ人間としてみているので、彼らの頑張りを評価するのですが、他の皇族にとってはアクセサリーでしかないので、本人の努力など何も考慮されず、使い捨てされてしまうようです。

剣術と魔法に長け、容姿も整っているシルヴァスティアンでさえ使い捨てにされるので、完全に物扱いですね。

イブが皇太女になったあかつきには、全てが平等にならなくても、ホムンクルスの人権が認められるといいですね。

シルヴァスティアンもロゼニットから解放され、まともな人の専属騎士になれるといいのですが、まともな皇族がいないような・・・?そうなると専属騎士制度自体、なくなりそうですね。

さて、ブリジッテとロゼニットが揃っている恐ろしい場所に、とうとう皇帝がやってきました。ブリジッテの罠を上手く躱し、皇帝に気に入ってもらわないといけません。

愛嬌ではロゼニットに勝てないでしょうから、知識面で気に入ってもらうしかないのでしょうか。ブリジッテと厳しい勝負になりそうですね。

まとめ

・イブtは感情を押し殺し、自分を殺したロゼニット相手でも、笑顔で対応する

・ロゼニットの専属騎士になる予定のシルヴァスティアンは、容姿で判断するロゼニットより、人となりを評価してくれるイブに好印象を持つ

・イブは、金髪ばかりの皇族の中で唯一ライムブロンドだったため、半皇族として馬鹿にされていた


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください