漫画「皇女、反逆者に刻印する」10話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」10話のネタバレ

イヴは、まずミカエルの拘束具を外し、ミカエルを専属騎士にしたいと言う。

ミカエルに、第7皇女は専属騎士を置かないのではなかったのかと言われ、今は皇女としての立場を固めるために必要なのだと答えた。

冗談に付き合う気はない、奴隷がほしければ他を当たれと、ミカエルは鼻で笑う。

彼女も結局他の皇族と一緒だったのかと、ミカエルは失望した。

イヴは、皇族を恨む気持ちはわかるが他の皇族のように奴隷を探しに来たのではない、私の専属騎士はあなたでなければダメなのだと言う。

何故ミカエルなのかはここでは話せないが専属騎士になったら必ず話すと言い、奴隷としてではなく騎士として扱う、刻印の力で屈辱的な目に遭わせたりもしないと誓った。

刻印は絶対的な契約魔法だとミカエルに指摘されるが、イヴは、今は信じてとしか言えないと言い、専属騎士になってほしいと彼に手を差し出した。

ミカエルは一瞬心が動かされそうになるが、忠誠儀式を拒否したときに皇帝から酷い扱いを受けたことを思い出し、彼女も皇帝と同じ皇族なのだと思い直そうとする。

イヴに、一緒にここを出ようと誘われたミカエルは、皇族は信用できないが、専属騎士になることがここから脱出する唯一の道ならば刻印されても構わないと答え、ここから出して欲しいと頭を下げた。

イヴは、一緒に出ようと言い、彼の手を握る。

忠誠儀式を拒んだのはミカエルの意志ではない、無理をすると命に危険がと、ついイヴを心配するミカエル。

両手を恋人繋ぎにした二人は、刻印を始める。

一筋縄ではいかず、イヴの体にかなりの負担がかかった。

もし刻印に失敗すれば、イヴの手でミカエルを殺さなければならないと皇帝に条件をつけられたため、どんなに辛くても刻印を中断することはできなかった。

イヴは刻印を成功させるために。禁じられた賢者級アーティファクトである増幅錬金石、母である第6皇妃の形見の髪飾りを身につけていた。

母に力を分けてほしいと祈るイヴ。

ミカエルは、俺にそこまでの価値があるのかと驚くが、イヴに、価値はある、どんな手を使っても手に入れて見せると言われる。

刻印は成功し、二人の胸元が光り輝く。

その瞬間、二人の体が弾き飛ばされ、イヴは監獄の外に放り出されるのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」10話の感想

ミカエルはこの時から既に、イヴに好意があったようですね。

ホムンクルス処遇改善を目指す彼女は、ホムンクルスの彼らにとって非情に眩しい存在なのでしょう。

それでもすぐに彼女の言葉に反応してしまうのは、運命の相手だからなのしょうね。前世のミカエルの想いが実ってよかったです。

空中監獄は、竪穴の洞窟に、鳥かごのような檻を吊るしてある状態です。イヴが入ったときに、安全のためか檻の扉を開けっ放しにしていたので、刻印の衝撃でその開いた扉からイヴが投げ出されそうになりました。

さすがにここで死亡とはなるはずがなく、専属騎士になったミカエルが活躍できるシーンですね。

ちなみに、刻印のために二人は手を恋人繋ぎにしていましたが、男性皇族もそうなのかと思うと、ちょっとおもしろいですね。

まとめ

・奴隷がほしければ他を当たれとミカエルに鼻で笑われたイヴだが、奴隷になどしないとイヴは誓う

・ミカエルは、ここから出してくれるのならとイヴの専属騎士になることを決意する

・刻印は成功したが、成功後の反動で、イヴが監獄の外にふっとばされる


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください