漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話のネタバレ

皇帝は、皇室に伝わる呪いだと言う。

歴代皇帝が墓まで隠し続けてきた、皇室の弱点である。

皇帝は10年も経たないうちに崩御されるが、リザ皇妃が手を出したわけではないようだ。

クラウド皇帝は、クラデニスを助け彼を初代皇帝にした、メデイアの話を知っているかと言う。

メデイアは大陸に残った唯一の魔術師の末裔で、帝国を守護する4人の勇士の一人と呼ばれるほど、優れた能力の持ち主だった。

帝国の勇士は3人ではなかったかとアイリスが疑問に思うと、クラデニス皇帝が、メデイアの死後、二度と彼女の名を呼ばれないように、皇帝が命を下し、歴史書からも消したのだと言う。

国の功臣である彼女を殺さなければならなかった理由は、メデイアが帝国以前の国に奉仕した者、神を信じない者、彼女に忠実でない者を嫌がり、帝国の民だと認めなかったそうだ。

彼女はそのことで大勢の人を殺したので、クラデニスは決断をせねばならなかった。

そしてメデイアは死ぬ間際、皇室に呪いをかけたのだった。

皇室が常にその呪いに晒されているわけではなく、発動条件があった。

メデイアは、クラデニスが自分と同じくらい血を流したときに呪われると叫んだそうだ。

結果的には帝国には良いものだった、呪いが縛りとなり、暴政や享楽に溺れるものはいなくなり、帝国は長い時を経ても存在し続けることができたのだ。

暴君であれば寿命がすぐに尽きてしまうからだ。

イアンの母だけを望んだことで起きたことだが、先代皇帝は腐敗した施政者たちを大勢整理したのだった。

クラウド皇帝もまた南部戦争を許可され、その手に沢山の血がついた。

ウィンハイト公国の勢いが増したのも、南部戦争で勝利したからだ。

イアンに対立する派閥がのさばる中、もし無理にイアンが即位すれば、自分より多くの血を流すことになったと話す。

イアンが成人しても譲位しなかったのはそれが理由で、皇帝は既に呪いを発動しているとのこと。

クラウド皇帝は全てを終わらせてからイアンに譲位しようとしていた。

イアンの立太子に最も反対しているのはラーガス侯爵なので、イリア皇妃をイアンの後見人にした。

そしてラーガス侯爵と牽制しあうようにリザ皇妃を置いたのだった。

ラーガスとフォレストが力を合わせればカマンディ侯爵を牽制することができた、だがフォレスト侯爵に悲劇が起きてしまった。

先代皇帝がイアンとアイリスの結婚を勧めたのもそれが理由だと言うので、全く知らなかったアイリスは唖然とする。

ともかく、まだイアンに譲位できていないことを兄に謝りたい、イアンのためだという気持ちは変わっていないと、クラウド皇帝は話す。

アイリスは、先代皇帝は皇帝を愛しておられるから大丈夫ですよと伝える。

皇帝は茶化すように、先代皇帝は全て大器晩成したわけではない、呪いのために魔法を使う者もいて、時間を巻き戻す能力を持つ者もいたと話すのだった。

アイリスは予星館に戻ると、イアンとアナキンから、記憶がない5歳以前の話を聞く。

イアンは、アイリスの瞳が赤いことについて、アイリスの母ローズが、アイリスに記憶を消す薬を飲ませたのだと打ち明ける。

薬の出処は皇室の禁書区域にある本のようだ。

そして瞳の色を隠すためのコンタクトも、その時点で作成していたとのこと。

アイリスの人生を壊す恐れがあるから、このことはアイリスには隠されていたのだそうだ。

アナキンはアイリスが心配なのか、アイリスが全てを知るのを反対する。

アイリスは自分の生まれについて考え、赤い瞳はオスカー大公しか思いつかないのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」105話の感想

アイリスが何故過去に転生したのか、なんとなくわかりましたね。

おそらくイアンは時間を巻き戻す力を持っていたのでしょう。リザ皇妃側のグライフ家にフォレスト家を乗っ取られたうえ、正統なフォレストの血筋でオスカー大公の血を持つ彼女が、嵌められて死にかけていたので、時間を巻き戻したのかも。

65話で、力をつけたはずのイアンが死んだという話が出てきますが、呪いのせいで死んでしまったようですね。リザ皇妃など、対立する派閥を始末していたら、呪われてしまったのでしょうか。

しかしアイリスの母親も、彼女を守るためとは言え、記憶を失う薬を飲ませるなんて。さすがにやりすぎですし、禁書って何ですかね。ネラの虹彩の色を変えた技術のように、特殊なものなのでしょうけど、ある点では現代を超える技術をもっているので、むしろライターやボールペン(45話)で感動しているのが不思議です。

なんだか次々と初めて聞くような設定が増えていきますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください