漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」106話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめを作りましたコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」106話のネタバレ

数日後、火力発電所の試験施設が完成し、化石燃料が電力石より優れたエネルギー源であることは証明された。

それを聞いたリザ皇妃は、今度は自分が赤狐だの魔女だの、貴族たちに嘲笑されるのだと悟り、悔しさに顔を歪ませた。

4ヶ国会談が近いので、早めに各国に化石燃料を渡さないよう連絡するべきではないかと言われたリザ皇妃。

彼女は、火力発電所の仕組みを知っているのはアイリスとテリア・オパールだけなので、他国で建設するには至難の業、他国はローヘンハイムのようにすぐに運用できる資源があるわけではないから、目先の利益をとるしかない、現状ではアイリス・フォレストを止めることはできないと離す。

結局、皇帝もアイリスの味方だったのだ。

アイリスは術師であると証明されたため、彼女に対する世間の評価はガラっと変わり、好意的になった。

4ヶ国会談に向けて、アイリスとイアンは、皇帝が用意した馬車に乗って出発することに。

4ヶ国会談に参加する、シトルテのオーランド公爵はだいぶ前からリザ皇妃と接触してたので、もう一度資料に目を通し問題がないか確かめる。

彼らの出発を、皇帝とイリア皇妃は笑顔で見送り、リザ皇妃は顔をしかめたままだった。

数日後、会談場所である、ローヘンハイム国境でシトルテと隣接した場所に到着した一行。

既にシトルテが到着しており、オーランド公爵はとてもにこやかにイアンとアイリスを出迎える。

どうやら扱いのわからない化石燃料を電力石と交換するという話に、機嫌をよくしたようだった。

アイリスにシトルテの皇子をさりげなく勧められたりしたが、このままうまく話がまとまりかけたとき、テントの外が騒がしくなった。

殿下を守れと近衛兵が中に入ってきたかと思うと、ローヘンハイムの国境守備兵も入ってきた。

そして従者から、シトルテから宣戦布告されたと伝えられるのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」106話の感想

天才テリアは本当に仕事が早いですね。どれほどの能力を持っているのでしょう。

彼のおかげでアイリスの立場はしっかりしたものになりました。テリアがいなければ功績の半分は達成できていなかったのでは。

アイリスが認められる一方で、リザ皇妃はどんどんと追い詰められていきます。騒ぎ立ててアイリスを追いこもうとした分、余計に自分に返ってきています。社交界の手のひら返しは怖いですね。

さて、4ヶ国会談が始まりましたが、警戒していたシトルテのオーランド公爵は、意外にも友好的でした。しかし本人も知らない宣戦布告が起きてしまい、いきなり雲行きが怪しくなってしまいました。

リザ皇妃が仕組んだことなのでしょうか。だとしたらかなり思い切ったことをしましたね。とりあえず無事に会談を終わらせることができるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください