漫画「皇帝の一人娘」最新話220話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」最新話220話のネタバレ

アヒンが、初めて会ったときのことを覚えているかと言うのだが、リアはよく覚えていなかったので、アヒンの笑みが不穏なものに変わった。

それでもハーベルとは結婚しないようだから良かったとアヒンが言うので、リアは顔を赤くし、聞かなかったふりをしてくれたらいいのにと思う。

アヒンは、額に良くないものがついていると言い、リアの額を手で拭く。

そして、良く休むようにと言い、ささっと帰った。

話は終わったのかと、ヴァルが戻ってきた。

リアはヴァルに、アヒンと初めて会った時に何があったか覚えているかと尋ねると、悪魔の双子サンセとヴァルを捜し、あのガキンチョどもめと悪態づいている(125話)ときのことだった。

黒歴史ではないかと頭を抱えるリア。

ヴァルは、アヒンにとってそれも魅力だから大丈夫だと励ます。

その後、第一協定は両国の関係をどう保つかに大きな課題を残すことになり、暫定的な終戦でまとめられた。

第2第3協定については、ペルデルが担当するので、リアの心配はなくなった。

心配があるとすれば、アヒンとハーベルのことだが、とりあえず頭の中からかき消した。

カイテルは歩き回れるほど回復したらしく、すぐにペルデルから大量の仕事を渡されたそうだ。

父も自分も健康で、アグリジェントも他のことも大丈夫だろうと思うリア。

戦争の余波にはしばらく気をつけなければならないが、それもゆっくり解決していけばいいと考える。

すると侍女のリビが、皇女様とまたこのように歩けて良かったと、泣き出した。

もう無茶なことがしないと言い、リアは彼女を抱きしめてなだめる。

今度はイリンがやってきて、騎士団が帰ってきたと言う。

リアは、カイテルに挨拶に行ったであろうその人物を慌てて追いかける。

そうしてリアはアシシと再会したのだった。

漫画「皇帝の一人娘」最新話220話の感想

前回、リアはハーベルとは結婚しないと大声をだしました。

アヒンはライバルが減ったので、一安心でしょうね。ハーベルがキスしていったところもきちんと消毒して、ご機嫌で帰っていきました。

リアは振り回された挙句に、黒歴史まで思い出したので、恥ずかしかったでしょうね。ヴァルはさらにからかいますし。

アグリジェントとプレツィアですが、話がまとまったので、リアは安心して皇宮に戻ることができました。

そして終戦になったので、家族のように大事な存在のアシシも戻ってきました。なんだか久々にアシシを見ました。どこも怪我していないようで良かったです。

リアにとって大切な人々が元気でいることは、何よりも彼女の幸せでしょうね。あとは結婚が待っているだけですが、一体いつ頃アヒンはカイテルに話をしにくるのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください