漫画「緑陰の冠」14話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」14話のネタバレ

ユスタフは、何故仕方がないと思うのか、同情、罪悪感、自暴自棄いずれにせよ不愉快だと言い、彼女の首を掴んだ。

ランが恨んでないかと尋ねると、彼はすっと手を離す。

虐めていたので後ろめたい気持ちは感じていると言うと、彼はピクっと反応し、それでも殺したいほど恨んでいたわけでもなく、継母の行いをランが肩代わりする必要もないと思っていた。

ランが、ユスタフが自分を殺すならそれなりの理由があると思っている、殺さずに済むなら必ず教えてほしい、すぐに出て行き二度と現れないと言うと、ユスタフはため息をつく。

話は変わり、リンドバーグ男爵が機密事項であるはずの当主(ラン)の体調を知っていたので、邸内に密告者がいるようだという話になった。

一人ではないかもしれないので、敢えて堂々と捜し、あぶり出すことに。

一方、リンドバーグ男爵は、屋敷で荒ぶっていた。

彼はモス・ウリス・ド・ラチア、先代ラチア公爵の弟で、ラチア姓を継ぐものだったが、次男だったため父に男爵領を任されたのだった。

それなのに、血筋でもなんでもないランが当主の座につき、自分が得るはずだった伝統と名声を奪われてしまったと、怒りが収まらない。

ランはどうやって青炎の指輪に認められたのか謎である。

公爵家の密告者が見つかる前に動かなければならないと、男爵は息子のロビーを呼び、ランと結婚し、ラチア公爵になれと言うのだった。

漫画「緑陰の冠」14話の感想

ランはユスタフを無条件で信用しているにも関わらず、彼に殺されるかもしれないと考えているので、ユスタフとしては、一体自分を何だと思っているのかと、不愉快になるのは仕方ないですよね。

しかも、殺さなくて済むならすぐに出ていくという、ユスタフを尊重しているようで、そうでもない言動に、ユスタフは理解できないとため息をつきました。

2人の間には、いくら親しくなっても埋まりそうにない、深い溝があるようです。

リンドバーグ男爵の方は、ついにロビーをけしかけるようです。

ロビーとランをただ会わせても、ランやユスタフに拒否されるのは予想できていると思うので、噂を捏造するとか、ランが逃げられないように周囲から囲い込むような、別の方法を取るのではないでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください