漫画「緑陰の冠」13話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」13話のネタバレ

ランは、リンドバーグ男爵が待つ応接室へ。

男爵は、ユスタフが早期卒業し予定より早く戻ってきたことに不満があるようだが、ランは、彼が戻ってきて助かると答える。

男爵は、ユスタフは当主の地位を狙っているから用心しろと大声を出すが、ランは、2年後にはユスタフが当主になるのだからと返す。

だが、その後もお前の首が無事だと思うのかと指摘されると、否定はできなかった。

男爵は、おそらくランを排除する、今飲んでいる薬も前妻が連れてきた治療師が処方しているものだから安心できない、ランの母も頭痛薬を飲んでいたが効き目はなかったと脅す。

ランは、自分が小説で設定していない部分まで埋まっていたので、知らない出来事があってもおかしくはないと不安になる。

リンドバーグ男爵は、誰が味方かよく考えろと言い、怪しげに笑みを浮かべる。

ランが、味方かどうかを決めるのは自分だからと笑顔で答えると、男爵は帰った。

ランは年寄りの相手に疲れてしまったが、さらに男爵の容姿がデブでブサイクだったため、疲労が増した。

するとユスタフがランのために、貴重な砂糖をたっぷり使ったアイスティーを運んできた。

大喜びで一気飲みするランに、ユスタフは、毒を盛られているかと考えなかったのかと尋ねる。

ランが、入れたのかと訊くと、ユスタフは入れていないと答えたので、それで彼女は安心する。

ユスタフは、でもこの前私に殺されるかもと言っていた、姉上は私を信用していないはず、それなのに警戒しないのかと、彼女の矛盾を指摘する。

ランは、ユスタフが当主になったら殺されるかもしれないと考えたことはある、だからそうならないように頑張ると言う。

でも殺されても仕方ないとも思うと付け足すと、空気が異様に重くなった。

ユスタフは立ち上がり、ソファに腰掛けるランの前に立つと、何故そんなことを考えるのかと、彼女に問うのだった。

漫画「緑陰の冠」13話の感想

リンドバーグ男爵は、ロビーとの結婚の前に、邪魔なユスタフとランの仲を壊そうと考えたようですね。

ランは悪夢のせいで、ユスタフが自分を殺すかもしれない不安を抱えているので、男爵の言葉について考え込んでしまいました。

ランが動揺したのは気づかれただろうから、今後もその手で攻めてくるかもしれません。そしてランに結構効きます。

治療師の薬についてどうこう言っていましたが、頭痛薬が効かないのは体質によるのでは。徐々に衰弱したというならわからなくもないですが、言いがかりに聞こえます。

ただ今後どうなるかわからないので、口に入れるものには気をつけた方が良いですね。

男爵に不安を煽られてしまったランですが、ユスタフがランが抱え続けているその不安について指摘しました。

彼女を信用し始めているユスタフからすれば、理解のできない、受け入れることができない不安です。なんとか解消して、2人の仲が縮まると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください