漫画「緑陰の冠」11話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」11話のネタバレ

エリザベートをかばうランだが、別に責めてないと言われてたじろぐ。

ユスタフに他に何かあるのか訊かれたエリザベートは、頭を下げ、すぐに立ち去る。

ユスタフは、だらしない格好だと言い、ランのカーディガンを整える。

治療師の言いつけを守らない彼女に対し、私一人では心もとないのかと訊くと、彼女はキョトンとした顔で、そんなことないと答える。

ランの手を握ると冷えていたので、書斎に連れ込み、暖炉にあたらせる。

ユスタフの気遣いにランは微笑む。

ランは、利息だけで月に一千ベラトにもなる、リンドバーグ男爵の借金を、自分の代わりに返してもらえないかとユスタフに頼む。

また、男爵から持ちかけられた従兄弟のロビーとの結婚について、絶対にありえないと言う。

相手次第では結婚する気だったのかと訊かれたランは、氷水晶がなく借金帳消しになるならそうしたかもしれない、だがラチア当主の座狙いの縁談だろうから断っていた、当主を譲るまでは結婚しないと答える。

ユスタフはランの髪に手を伸ばし、その柔らかい感触を確かめる。

まるで恋人同士のような光景に、果たして姉弟と言っていいものかと、ロス卿は気まずくなる。

ユスタフに、何故私を信じるのかと訊かれたランは、辛いことがあってもそれを見せずに、いつも一生懸命頑張っているから、信じているし、好きだと答える。

だが無理しないで仕事は分担して欲しいと言うと、仕事で無理しているのはランの方なのにと、ユスタフはため息をつく。

ユスタフはランの前でかがむと、自分に仕事を手伝わせて欲しいと言う。

そしてもう休むよう促すが、ランが言うことをきかないので、膝に手を入れ彼女を抱き上げるのだった。

漫画「緑陰の冠」11話の感想

なんだかユスタフは、それなりにランを意識しているようですね。

寝間着姿のランのカーディガンを整えたり、髪に触れたり、お姫様抱っこまでしていました。

ユスタフのこの行動にロス卿も困惑しています。ユスタフとランは血が繋がっていないので、ランの籍だけ移動させれば2人は結婚できますものね。

だから好き、とランが答えたときに、その言葉の余韻もなく、すぐにランが仕事の話に切り替えたので、ユスタフの反応がよくわかりませんでしたね。

彼は呆れていましたが、それが無理しているのはランの方という呆れからなのか、雰囲気を壊したことについてなのか、どちらでしょう。どちらもでしょうか。

お姫様抱っこされたとき、ランは、抱きしめられるかと思ったと顔を赤くしていました。でも、ほぼ抱きしめられているようなものでは。

一体何を見せられているのかと、ロス卿がさらに困惑しそうですね。護衛騎士も大変です。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください