小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレと感想!あらすじまとめ⑥

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

漫画版は完結したので、小説版のあらすじをまとめてみました

毎週金曜日に最新話が更新されます。

まとめ⑤はコチラ

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレ⑥

奏の誕生日だと知った凛子は、奏の家に行き、奏を連れ出しケーキ店へ。

12時まで時間がなかったので、奏の正確な年齢をわからぬまま、30本ものロウソクをケーキに刺し、奏に火を吹き消してもらう。

奏は28歳になった。

そのまま泊まるかと誘われ、凛子は戸惑いつつ、翌日のデートの約束だけして帰宅する。

とある日、兄とテレビを見ていたら、藤堂直哉が女子大生Aに危害を加えた件で会見をしていた。

いつもよりお喋りになってしまった凛子は、その女子大生Aが自分だと兄に教える。

さらに、前世の自分はとても美人で、石油で儲けたお金持ちの貴族の令嬢だったと話す。

兄は呆れて、お前が令嬢なら俺は王様だと言う。

もしかして兄はシアトリヒかと、凛子は気が遠くなる。

その後、家に遊びに来た奏に、兄の前世がもしかしたらシアトリヒかもしれないと言いかける。

凛子も奏も、そうだとは思いたくなかったので、その話はそこで止める。

だが、他の皆もこの世界に生まれ変わっているのかと気になる。

奏は、今が幸せなら過去を振り返る時間が減り、前世のことなど忘れるだろうと言う。

その後、凛子と奏は2人並んで写真を撮る。

後日、凛子は、必死の思いで取り戻した記憶を失いたくなかったので、ノートパソコンに日記としてまとめた。

そして今は写真で残せるからと凛子が言うと、この前撮った写真を見て、奏は笑うのだった。

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝の感想

凛子の兄・大輝が、まさかのシアトリヒ疑惑。この小説版でこれほど衝撃的なことはなかったのですが(笑)

でも確かに、シアトリヒと大輝は、女ったらしで飄々としているところは似ています。

この恐ろしい仮説に、凛子は鳥肌がたちそうになっていました。義兄から実兄に変わったのかと思うと、シアトリヒとの縁もかなり深いものがありますね・・・

奏もシアトリヒ大輝とまた家族になるわけですね。何の皮肉か、女神のイタズラでしょうか。

シアトリヒのように、他の人も同じ時代に転生していたら面白いですね。ナオミも転生していたのなら、身分など関係のない世界なので、今度こそシアトリヒと結ばれたらいいかなと思います。

2人の悪友のような関係も素敵なのですが、何の障害もなかったら2人は本当はどうしたかったのかが気になります。

さて、凛子と奏は前世の記憶を取り戻し、再び愛し合う関係になりました。そろそろエピローグでしょうか。2人には来世でもその次もずっと幸せにでいて欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください