漫画「盗掘王」182話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」182話のネタバレ

柳は、オフィシャル復元師たちから逃げ、汚い倉庫に隠れた。

ダ・ヴィンチの遺物を出し、先ほど英国王女と話していた彼女の叔父の偽物を作り出した。

そして、対象者がトイレに入るのを個室で待ち、対象者をフィン・マックールの袋の遺物に飲み込ませた。

悲鳴を聞いた護衛が駆け付けてきたので、護衛も飲み込む。

柳は偽物と会場に戻り、遺物を買い取りたいのだとして紹介してもらう。

オフィシャル復元師は柳を見つけたものの、英国王室と談笑しているので割り込むことができず、チーフに報告しに行く。

偽叔父に説得された王女が、遺物の売買について前向きになり始めたので、柳の方は順調だった。

だが突然照明が消され、暗闇で戦う音と悲鳴が聞こえた。

招待客はパニックになり、皆慌てて逃げようと走り出す。

オフィシャル復元師たちが照明遺物を点け、招待客の注目を集めた。

この会場には王クラスや手練がいるから大丈夫だ、誰の仕業かわらないが、自分たちが必ず捕まえると宣言した。

だが床には、王クラスの長官の死体が。

突然の事件に柳も驚いていると、英国王女が悲鳴をあげた。

英国王女の偽叔父が殺されていたのだ。

柳は、自分がこの叔父の命を助けたことにできるのではと考えた。

殺されたことで偽遺物が消えかかったため、このままではどのみちバレてしまうと思った柳は、王女に話しかけ、遺物から本物の叔父と護衛をだした。

そして、このようなことが起きると予測したので、叔父様を保護したのだと、迷演技を始めるのだった。

漫画「盗掘王」182話の感想

柳のいる会場で殺人事件が起きてしまいましたね。物騒すぎます。

柳は、遼河から命じられた英国と取引するミッションと、オフィシャル復元師から逃げることと、殺人犯への対応が必要となり、かなり忙しくなってしまいました。

遼河がいればさくっと解決できるでしょうけど、柳はどうでしょうね。

復元でも贋作でも、何かを作り出すという技術だけは誰よりも優れているので、技術で復元師達を黙らせ、王女に認めてもらうえばなんとかなりそう。

さて、まずは柳の苦しい言い訳が通用するかどうかですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください