漫画「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレ

手足は拘束されたままなのに、防具1つ着けず木剣だけで、狼と戦わねばならないイクリス。

ペネロペは止めるよう叫ぼうかと考えるが、その必要もなく、イクリスは狼を倒しきった。

この狂ったショーに会場から拍手と歓声があがり、イクリスは司会者に剣を向ける。

その瞬間、安全装置が働き、イクリスは麻痺して倒れる。

イクリスのオークションは、誰よりも高額な50万ゴールドからスタートした。

1000万ゴールドでイクリスが落札されそうになったとき、ペネロペは1億だと札をあげた。

彼女は命が掛かっているから、もともと最高値の10倍を提示するつもりだったのだ。

落札後、彼女はイクリスが拘束されている場所へ案内される。

そこには、酷いことに猿ぐつわをされ、鞭で打たれ続けるイクリスの姿が。

ペネロペは司会者に、エカルト公爵家の白紙小切手で支払うと言うと、安全装置であるイクリスのチョーカーを作動させる指輪を受け取る。

使いすぎると命が危ない、必ず着用するようにと司会者が説明していると、イクリスが突然拷問官を襲い、その首を脚で締めたのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」23話の感想

イクリスは、奴隷だからと酷い扱いを受けていましたね。他の奴隷もそうなのでしょうけど。嫌な世界ですね。

彼は、隙をついてはすぐに暴れるので、強い電流と麻痺の魔法が発動するチョーカーを着けられていました。今回、司会者からペネロペに指輪が移った隙をついて、暴れたようですね。

すぐに安全装置で動けなくなるでしょうけど、自分を落札した謎の女を怯えさせるのには十分ですね。

ペネロペはこのようなイクリスから、信頼を得ることができるでしょうか。制御できないのなら、ほんのちょっとした隙に命を奪われる危険があります。

原作とは違い、イクリスは公爵に拾われるわけではないので、ただの女性であるペネロペに歯向かうかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください