漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」1話のあらすじネタバレと感想

漫画アプリcomicoで連載中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」原作 Jang Namu 、作画 Hagwa(STUDIO WOOGII)、原題 괴물 황태자의 아내가 되었습니다


ある日、目覚めたら18禁小説のキャラクターに転生した主人公。

ヒロイン・ダイアナの腹違いの姉アンシアに転生したが、そのキャラクターは婚約者ブレイクの顔を見てショックで自殺してしまい、ブレイクはそのことが原因で心を病んでしまうという、救いようのないものだった。

だが主人公はブレイク推しだったため、彼を怪物皇太子のままにする気はなかった。

ブレイクの呪いを解けるのは、ヒロインのダイアナだけなので、アンシアはその時がくるまで彼を守り、そして去ろうと計画するが・・・という異世界恋愛マンガです


毎週日曜日に最新話が更新されます

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」1話のあらすじまとめ

体中が冷たく、動かすこともできない。

そんな主人公の視界には、自分を見てぼろぼろ涙を流す、美しい赤い瞳の少年の姿が。

そして意識を失い、次に目覚めた時には、見覚えのない部屋で寝かされていた。

周囲は皇太子妃様が起きたと騒いでいるし、本人は何故か金髪翠眼の少女に変わっていた。

混乱しつつも、色々な人と会話し情報を集めた結果、美女と野獣をモチーフにした18禁小説「野獣と令嬢」という小説内に入り込んだことを知る。

ヒロインであるダイアナを求めて、呪われた怪物皇太子ブレイクと、野獣のように乱暴な男リチャードが、熾烈に争う内容だ。

主人公は、ダイアナの腹違いの姉であるアンシアに憑依したが、アンシアは幼くして結婚したブレイクの呪われた顔を見て、ショックで湖に身投げするのだ。

この事件はブレイクのトラウマになり、その心の闇のせいで、ダイアナに選ばれず惨めな一生を終える。

気絶する前に見た昨夜の光景は、アンシアが自殺した瞬間のもので、泣いていたのはブレイクのようだ。

だが、自殺した瞬間に主人公が憑依したため、実際にはアンシアは死ななかった。

それに自殺の理由はアンシアの実家、ベラシアン伯爵家にあった。

アンシアの母がアンシアを産んですぐに亡くなった後、ベラシアン伯爵である父は、ヒロインの母である第二夫人を迎えたのだが、夫妻は前妻の娘アンシアを邪魔者扱いし、呪いで先が長くないブレイクの嫁にと厄介払いしたのだ。

皇太子の呪われた顔のせいではなく、家族に捨てられたという絶望感からの自殺だった。

主人公はブレイク推しだったので、ブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスだと思い、彼に会いにいく。

自殺するほど嫌われていると思ったブレイクは、シーツに隠れて、彼女を遠ざけようとした。

だが彼女はシーツを剥ぎ取り、原作の絶倫男とは思えぬほどウサギのように怯えるブレイクの仮面も剥いだ。

そして彼の顔に触れると、皇太子殿下ほど美しい方を見たことがないと言い、優しく微笑む。

ブレイクは今にも泣きそうな顔になるのだった。

漫画「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」1話の感想

comicoで面白そうな漫画を見つけました。普段、ピッコマばかり読んでいるのですが、comicoもなかなか興味をひかれる作品がありますね。

こちらの作品の原作小説は、kakaopageで連載していて、今は完結しているようです。小説の内容が必ずしも漫画版と同じだとは限らないので、毎週楽しみに追っていこうと思います。

ブレイクは呪われた顔とのことですが、トライバルタトゥーのようで、むしろ格好いいです。

呪いのせいで臆病な性格になっている彼ですが、ひねくれておらず、素直な性格なようなので、すぐに立ち直ることができそう。

ヒロインが別にいるので、この主人公はいずれ身を引こうと考えています。結構この設定の漫画は多いですね。

この設定は失敗すると、かえって相手を傷つけるばかりの嫌な女になってしまうので、どのあたりで主人公が計画を諦めるかが重要ですね。

comicoは、先行配信以外は広告視聴など利用することで、連続して読むことができるので、イッキ読みにもってこいです。気になる方は是非読んでみてください。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください