漫画「悪女が恋に落ちた時」39話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」39話のネタバレ

皇帝が皇太子に、リシャの望みを教えたというので、リシャの脳内はパニックになる。

皇帝は、皇太子が近いうちに、と話しかけると、リシャが真っ青になっていることに気づき、慌てて椅子から立ち、駆け寄ろうとする。

何でもないと震えるリシャに、皇帝は、もう戻って休め、皇太子が一度そちらを訪ねることだけ覚えておくようにと言う。

まだ原作も始まっていないし、アリエルも登場していないのに、どうしてこうなったのか、自分が思っている以上に、皇太子に意識されていたのかもしれないと、リシャは青ざめるのだった。

皇帝は、皇太子ラビロフにリシャのことを訊かれたとき、皇女にどのような影響を与えるかわからなかったため、答えるのをためらった。

だがラビロフは愛した女性の面影を多く残していたので、断る気になれず、皇女の病気以外で知っていることを教えた。

その中で、ラビロフが知らなかった情報は、一年後にリシャが皇位継承権を放棄して皇宮を去ることだった。

それを聞いたラビロフは、直接確認してみると言った。

その時はそのまま何も思わなかったが、リシャが真っ青になったのを見ると、皇宮を抜け出たいほど参っているリシャのもとに、やや残忍な皇太子が訪ねても大丈夫だったのかと不安になる。

だがラビロフは弱いものには牙をむかないので、今のリシャを見たら敵意も消えると考えた。

そこで皇帝は、皇女と皇太子が会う時に、ユジンとカインも同席させることにしたのだ。

それをユジン達から聞いたリシャは、せっかく彼らが皇太子と関わらないようにしたのにと、困惑する。

だが、皇太子がリシャの変化を直接確認することで、敵対視されなくなり、全て解決するのではないかと思い直す。

そんなことを考えていると、吐血してしまい、周囲が大騒ぎになる。

リシャの方は、久しぶりにルペルシャに会えると期待した。

夢の中のルペルシャは、読書をしていた。

大喜びで駆け寄るが、反応はない上、目に生気がなかったため、リシャは嘆く。

するとガゼボのある草原に転送された。

念願のルペルシャに会えた主人公は、皇太子と会うことになったと泣きつく。

ルペルシャは、どうして皇太子を恐れるのかと呆れ、主人公の精神を守るために、記憶はしばらく蘇らないようにすると言う。

そして、しばらくは会わない、全ての記憶を取り戻してから呼ぶようにと言うのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」39話の感想

皇太子と会うことになってしまったリシャは、パニックになっていましたが、ルペルシャの反応をみると、そう悪い人物でもないようです。

原作では多くの人物を殺したため、リシャにサイコパスと呼ばれていますが、残忍な行動には隠れた理由があったということでしょうか。

リシャは、彼が自分を殺すかもしれないと思っているので、すごい真っ青になっていました。怯えすぎてしまい、皇帝に心配され、ユジンとカインが付添になってしまいました。

彼女が望まない方に話が流れてしまいましたね。

不安な中、ルペルシャにも突き放されてしまい、心細いでしょうね。記憶を全て見るまで会わないと言われてしまいましたが、全て見る時はリシャの魂が完全に体に同化するときですよね。

ではルペルシャの魂はどうなってしまうのでしょう。また、皇太子との関係改善がルペルシャの望みなのかもしれませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください