漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」22話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」原題・록사나:여주인공의 오빠를 지키는 방법

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」22話のネタバレ

カシスのおかげで回復したロクサナは、原作のヒロイン・シルビアも、カシスと同じ能力を持っていたことを思い出した。

シルビアとキスすると体力が回復し、それ以上の行為をすれば回復するというもので、他の一族の男にオモチャにされた要因でもある。

その能力はペデリアンに受け継がれ、毒草も見分けることができたようだ。

ロクサがは、この程度では死なない、無事に脱出できるまで守ると言うと、何故そこまでするのか、お前の兄ではないと言われる。

兄を思い出すと言ったのは、絆を深めるためでしかなかったので、ロクサナはイラッとするが、この不快感はデオンやカシスに兄が自分の弱点だと思われるのが嫌なのだと理解した。

勘違いしないで、バカみたいと、彼女は初めて素直になった。

愛しい兄アシルに会い、涙をこぼす夢を見るロクサナは、現実でも涙をこぼし、その涙をカシスが拭った。

後日、気まずいながらも、カシスに暗号が書かれたメモを渡すロクサナ。

彼の表情からしていい内容のようだ。

カシスに指摘され、呼んでもいないのに毒蝶がついてきたことに驚く。

赤い殺傷用の蝶ではなく、紫の蝶なので危険はないが、倒れたときにカシスの血を飲んで味をしめたようだった。

蝶がカシスの血を求めていることに気づかれそうになったが、ロクサナは、自分の血しか飲まないと否定する。

カシスはじっとロクサナを見つめ、俺が脱出したらお前はどうなるのかと問うのだった。

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」22話の感想

カシスのキスは、毒の浄化ではなく、体力回復でしたね。ロクサナの毒摂取の行為が、無駄にならなくて良かったです。

カシスのその能力の効果か、ロクサナは大切な兄の夢をみました。死と隣り合わせの彼女を支えているのは、兄の存在なので、彼女にとって誰よりも特別です。

夢を見て涙を流すロクサナ。ロクサナはカシスの前だとわりと無防備ですよね。デオンが見たがっているロクサナの涙を、彼は何回もみている気がします。

ロクサナは、アシルとカシスは全然違う、似ていないと言いつつ、彼らの暖かさという点で、2人に似たようなものを感じているのかもしれません。

さて、カシスは自分が脱出した後、ロクサナがどうなるのか問いました。

アグリチェの人々は日常的に使用人等殺すみたいなので、おもちゃに飽きたから始末したと言い訳すれば、案外ばれずに済むものでしょうか。

いずれはバレてしまうのだから、彼女も一緒に脱出できればいいのですが、守るべき母親もいるし、今更一般人として生きられるとも思わないので、アグリチェからは出ることはできないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください