漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」21話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」原題・록사나:여주인공의 오빠를 지키는 방법

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

主人公:ロクサナ、男主人公:カシス

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」21話のネタバレ

カシスは、デオンが境界でペデリアンの仲間達を殺したこと、自分が助けなければデオンによってロクサナの母が魔物の餌食になっていたことを思い返し、怒りで拳を握る。

デオンがロクサナの兄を殺し、そしてロクサナの泣き顔を見たいと執着していることも。

こんな異常なアグリチェ家にずっといれば、おかしくなっても仕方ないと思うカシス。

異常な一族の一員にも関わらず、まともに接してくれるロクサナについて、自分がここから脱出したら彼女はどうなってしまうのかと心配になり、胸が苦しくなる。

そこへロクサナがやってきたが、いきなり吐血し、倒れてしまった。

心配するカシスに、外は危ないから私が守る、倒れたことは誰にも言わないでというロクサナは意識を失ってしまった。

カシスには膨大な力が秘められていたが、自制が効かなかったため、一族によって禁制をかけられていた。

高貴な審判者であるペデリアンの名を汚すものは必ず破滅すると言いつけられていた。

だが目の前で死にかかっているロクサナを見殺しにすることはできないと思うカシス。

そう思った瞬間、禁制が解除され、彼の瞳と頭上に光り輝く魔法陣が現れた。

彼女の周囲に飛んでいた毒蝶は、彼から放たれる気によって消滅した。

カシスはロクサナに口づけした。

ロクサナは拒否するので、このままでは死ぬと言うも、だからやめてと言われる。

常に死を覚悟している彼女の目を見て、どうして彼女のことが気になり放っておけなかったのか、その理由を理解するのだった。

漫画「ロクサナ~悪女がヒロインの兄を守る方法」21話の感想

この漫画は、耽美な絵で見ごたえがありますよね。物語全体に暗い雰囲気が漂っているのも良いです。

kakaopageの漫画のほとんどがそうだと思うのですが、この作品はweb小説から漫画化されたものです。原作が人気のまま、きちんと完結しているというのは、安心して読めますね。

カシスは囚われてしまいましたが、本当はかなりの力を持っているようです。ロクサナに口づけたのは毒を浄化させるためのようです。毒蝶が消えていましたし。

ロクサナの方は毒蝶のために毒を増やしているので、浄化されると困りますよね。

それはさておき、毒で死にかけながらも、カシスが今脱出すると彼が酷い目にあってしまうからと、ロクサナは彼の心配ばかりしていました。

もともとは一族ごと殺されないようにと、死を回避するために始めたことですが、かなり彼に尽くしていますよね。彼女も彼に特別な感情がありそうです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください