漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」95話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」95話のネタバレ

ディートリヒ皇帝は、数十年も皇帝でありながらも、前皇の指輪を持っておらず、極秘で部下に探させていた。

セザールの即位式を延ばしたいたのは、このことが原因だったのだが、これ以上先延ばしにするわけにはいかなかった。

ディートリヒは仕方なく、帝国の優れた宝石職人に作らせることにした。

オスカーは、ファーンハム家の屋敷で保護されていた。

オスカーは目覚めたものの、頭を打ったためか、15歳までの記憶しかなかった。

ジェラルドは、これならと、オスカーを利用する計画を再出発させるのだった。

一か月後、ついにセザールの皇太子即位式当日となった。

セザールは珍しく緊張していたので、カナリアは、応援しているからと励ます。

一か月前のオスカーとの待ち合わせは、一晩中セザールと待ったものの、彼は現れなかったので情報を得ることができなかった。

だが翌日には、回復した皇帝が皇太子即位式の準備をするように命じたため、皇宮の皆が忙しくなり、彼を探す暇がなかった。

即位式が始まり、皇帝は帝国の皇太子の証である指輪を、セザールに授けようとする。

燃えない神秘的なダイヤモンドで作られた、世界に1つしかないその指輪は、本で知ってはいたけど実際に見ることができるとは思わず、カナリアは夢のように感じていた。

すると突然、即位式を中止しろと、ジェラルドが入ってきた。

神聖な即位式に何をしているのかと怒鳴る貴族達に、皆が騙されていると言うジェラルド。

ジェラルドは、今皇帝が持っている指輪は偽物だと、大声で指摘する。

ディートリヒは、今すぐジェラルドをつまみ出せと命じるが、ジェラルドは全員に聞こえるように、現皇帝は皇太子の指輪を引き継いでいない、皇太子の指輪は他の方が持っていると説明する。

皇太子の指輪をもっておられるこの方が、正統な真の後継者ルイス・フォン・レマン・クライン様だと、ジェラルドが言うと、奥から正装したオスカーが現れた。

カナリアはこのことで、これまでオスカーに抱いていた違和感の正体がわかった。

オスカーの瞳は皇帝とそっくりだったのだと。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」95話の感想

オスカーは指輪を引き継ぐ、正統な後継者だったのですね。今まで潜んでいたのは何故でしょう。

あくまで最終手段で、元のオスカーはカナリアと出会う前でも、やりたくはなかったのでしょうね。

ノアもいましたし、エブゲニアの力だけでうまく進んでいたこともあるのでしょう。力をつけたセザールとカナリアがひっくり返したので、エブゲニアの野望は砕かれましたが。

そもそも現皇帝が正統な後継者ではなかったという展開には驚きました。皇太子の証である指輪が必要とは。

ディートリヒはどのようにして皇帝になったのでしょうね。

オスカーは記憶を失ってしまったので、以前の落ち着いた彼ではなく、無駄に万能感を持ってしまう少年のような、ふてぶてしい印象に変わってしまいましたね。記憶を戻す方法があればいいのですが。

今回でしばらく休載だそうです。早く再開して欲しいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください