漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」54話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「シャーロットには5人の弟子がいる」原題・샬롯에게는 다섯 명의 제자가 있다

魔王から世界を救った大魔術師シャーロット・エレノアは、自身の死を直感し、魔法を詠唱し穏やかな眠りにつく。だが恋愛をしてみたかったという心残りから、子供の姿に転生してしまう。親友の手を借り、5人の弟子に正体を隠したまま、第2の人生を歩もうとするシャーロットだが、彼女を慕う弟子たちからそう逃れることもできず。親友、弟子、災いに囲まれるシャーロットの恋愛ファンタジー作品です。

毎週土曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」54話のネタバレ

ドラゴンの魔法とともに突っ込んできたエヴァンを、ジェフリーは薙ぎ払う。

一瞬でエヴァンが背後に回ったので、ジェフリーは剣から手を離し、エヴァンの腹部を殴る。

どちらもひかず、魔力とオーラがぶつかり合う。

その頃アトルは、砦内を探し回って、ようやくあの不気味なオーブの近くにまで来ることができた。

一方、シャーロット達は、予想よりも早く封印魔法を練り上げることができた。

アリアに後のことを頼まれたバーモンは、必ず成功させますと言う。

準備が整ったと、ダンの表情も和らぐ。

魔法陣がオーブを封印し始めた。

シャーロットがマーベルを離れてからしばらく経ったが、マーベルの魔術師達はかなり高度な技術を持っていた。

特にバーモンは素晴らしく、特に言わなくても足りない部分を補ってくれた。

あのまま成長すれば新しい大魔術師になるかもしれない、このまま彼に任せて大丈夫そうだと、シャーロットはバーモンを眺めていると、何かに気づき、顔色が変わった。

バーモンは、杖を持ってアリアが突進してくるのが見え、自分が以前アリアにきつくあたったせいかとビビるが、彼女の狙いはバーモンの後ろだった。

いつの間にかバーモンの背後にいた、アトルを杖で殴る。

アリアは、倒れたアトルの顔の脇に杖をドンとつくと、あのまま逃げていればよかったのに、何故自ら来たのかと睨む。

アトルは、あれは俺が苦労して育てあげたものだ、何をすると喚く。

アリアはアトルの胸ぐらをつかむと、あれは誰も手にしてはいけない力だと言う。

アトルは、本当にリエルの師匠なのか、既に何でも持っているだろう、自分にリエルを返してくれと懇願するが、ユリアンは物ではない、彼女が戻ることがあればお前を罰するためだと拒否される。

すると突然アトルの様子がおかしくなった。

大魔術師よ生きていたのか、お前の血を撒き散らし、あの方の復活を知らしめると言い、乗っ取られたアトルは笑みを浮かべるのだった。

漫画「シャーロットには5人の弟子がいる」54話の感想

アトルはリエルのおかげで良い生活ができていたので、またどん底生活に戻りたくなかったのでしょう。

アリアに明確に拒絶され、絶望したところを、魔族に乗っ取られてしまったようです。これは10話でダンを偽った人物の時にも起きた現象ですね。

今更ですが、ダンを偽った人攫いの連中は、アトルたちと繋がっているであろうから、黒い月のダン達がここまで調査しに来たということですかね。

それをユリアンが騙されて協力していて、シャーロット/アリアが来るように、全て仕組んだのは災いだったと。

災い自身の復活と、シャーロットを手に入れることが目的ですかね。災い自身はシャーロットそのものが欲しくて、災い信者はシャーロットを惨たらしく殺したいという、どちらもシャーロットのことですが、それぞれ目的が違う気がします。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください