漫画「捨てられた皇妃」最新話135話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「捨てられた皇妃」 漫画 iNA、 原作 Yuna 、原題・버림 받은 황비

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた皇妃」最新話135話のネタバレ

アレンディスは、アレクシスが危篤なのを聞きつけ、数日前に突然戻ってきて、後継者の能力検証を終えた後、アレクシスの最後を見届けたと言う。

その後、いつか戻ってくるからと言い残して、またどこかへと行ったのだそうだ。

ベリータ公爵は、アリスティアがアレンディスを案じていたのを知っていたので、無事だから心配しないようにと言う。

アリスティアは、これまで彼の噂を全く聞かなかったので、何かあったのではないか、自分のせいで彼によくない決断をさせたのではないかと、不安だったので、ホッとする。

そして、アレンディスがいつか戻ってくるのであれば、再び会うことはできるだろうかと考える。

帰りの馬車の中で、ルブリスは、自分はベリータ家のように人の死を心から哀悼したことがない、皇后陛下とは壁があり、実の母の死も知らずにいた、そして父のときは、と言い俯く。

皇帝との関係は、ルブリスにとって未だ深い傷のようだ。

その後、邸宅に戻ったアリスティアは、ルブリスのワイン担当者だったイアン・ベルロットなら、銀食器の検査に通すことなく毒を盛ることができた、さらに親しい召使いがいるので毒を手に入れやすかったという報告を読む。

だが全て推測で、決定的な証拠がなかった。

イアン・ベルロットは、中央宮所属で、陛下のワイン担当である。

誠実な人柄で仲間からの評価も高い、夫人は亡くなっており、娘は結婚し家を出ていると書かれているが、誠実な人物が召使いと内縁関係になるのかとひっかかる。

皇帝派のベルモット子爵本家と仲がいいのに、貴族派の召使いと親しいのもおかしい、召使いはラニエル伯爵と何度も接触しているが、イアン・ベルロットの貴族派との繋がりがはっきり証明できない。

毒味担当者が暴力を起こし解雇されたという情報を見つけ、これはあの毒によるものかもしれない、これなら彼の食事に問題があったと証言してくれるかもしれないと思いつく。

その後、アリスティアはセクンデュスを訪ねる。

彼は第6の大神官である赤子セクストゥスを抱えていた。

帝国を離れるという話だったが、しばらく身動きできないので、もう一人の大神官クアルトゥスを呼んだという。

大陸中を転々とする大神官が、帝国に半分もいることになる。

帝国では作ることのできない毒をどのように国境を越えて運んだのか、神殿ではないのかとアリスティアがやんわりと彼に訊くと、セクンデュスは、どうしてお二人はこうも似ているのかと呟く。

神殿の仕業だと思うなら何故自分に話すのか、もしかして取引をもちかけているのかと笑顔で彼が言うので、アリスティアは、そのもう一人の大神官に協力してほしいと頼む。

セクンデュスはアリスティアに、そのことに関わった人物を捜し出して欲しいと言うと、彼女は、問題の毒と解毒剤を一カ月以内に見つけてくれたら応じると話す。

クアルトゥスが帝国に来たことは、フィオニア様にとって好機だったようだというセクンデュス。

大神官達には自分の全神聖力をかけて、一生に一度だけ願いを叶えることができるのだが、クアルトゥスは赤子の世話があるにも関わらず、今その願いを叶えようとしているらしい。

モニーク一族の誓いに少し似ていると言い、セクンデュスはにっこりと微笑むのだった。

その後、アリスティアは、イアン・ベルロットの娘が結婚という形で、人質になっていたらしいという情報を得る。

もしそうなら、自分たちが動いていることがバレてしまうから、すぐに彼女を救出することができない。

ゼナ公爵の息子から取引についての密書が届いたが、ゼナ公爵がルブリスに毒盛った可能性がある今、慎重に動かなければならない。

そこでアリスティアは、ゼナ公爵の息子が、毒の件に関わっていないかどうかを試すのだった。

漫画「捨てられた皇妃」最新話135話の感想

前回、アレンディスが戻ってきたという話になりましたが、アレンディスは風のように、またどこかへ行ったようなので、アリスティアと再会するのがまだ先のようです。

さて、毒の調査は少しずつ進んでいるようです。わかったことは、犯人であろいう人物が、娘を人質にとられていることでした。ゼナ公爵が仕組んだのでしょうけど、相変わらずですね。

はやく証拠を集めて糾弾したいところですが、これも時間がかかりそうですね。

ただ大神官達が協力してくれるのは心強いです。しかも何故か大神官が3人も帝国に集まるという、滅多に無い状態なので、何かここで世の中が大きく変わるのかもしれないですね。

そんな中、ゼナ公爵の息子との取引を進めるアリスティアですが、うまくいくといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください