漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」85話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」85話のネタバレ

ノアは、母親が違っても兄が好きだった。

だが兄と母は互いに相容れない存在だったため、とても悲しくなり、悩んだ末に、皇帝が自然に兄を選ぶよう、皇位継承権を諦めずバカなふりをすることにした。

母も自分を諦めてくれるだろうと思っていたが、母は悪事を働くようになり、ついにここまでのことをしでかしてしまった。

ジェラルドに指摘されたように、どちらも傷つかないようにと曖昧な態度をとったせいで起きたのだと悟ったノアは、ついに覚悟を決め、皇位継承権を放棄するとセザールに取引を持ちかけた。

ノアの望みはただ1つ、皇太子となったセザールの力で、母の処罰を防ぐことだ。

カナリアが、皇后を裏切ることになるがいいのかと聞くと、ノアは、恨まれるだろうけど構わないと答える。

ノアは、皇位継承権をもっと早く放棄していれば、カナリアまで傷つくことはなかったと悔やむ。

セザールは、自分は何度も殺されかけ、カナリア達大切な人々まで傷つける等、これまで皇后がしてきたことを思えば処罰を受けるのは当然だ、許すことはできないと言う。

だが皇后の最大の罰は自分のせいで息子の将来を閉ざしたことだろう、だからその取引を受けると言い、セザールはノアに手を差し出した。

ノアは微笑み、二人は握手する。

そして二人揃って議会に乗り込んだ。

セザールと、皇子宮からでないように監視していたはずのノアが現れたので、エブゲニアは驚く。

ノアは大声で、皇位継承権を放棄すると宣言した。

そしてセザールが、スチュワート公に偽りだったと証言させると、貴族たちはファーンハム家に付く必要はないのではとざわつき出し、手のひらを返した。

険しい表情になるジェラルドとエブゲニア。

議会は、セザールの皇室復帰を要求したため、エブゲニアは怒って立ち去った。

そんな母を見て悲しそうな表情のノアに、セザールは、いつかわかってくれるはずだと慰める。

その後、セザールはカナリアが休んでいる寝室に向かう。

議会ではうまくいったとセザールが話すと、カナリアは喜ぶ。

ただノアのことを考えて、ファーンハム家の罪を厳しく追求しなかったので、今後どう動いてくるかが気がかりである。

カナリアは、自分を助けて以来、姿をみないオスカーのこともファーンハム家が関わっているのだろうかと、気になっていた。

セザールがなんだかまわりくどいこと言い出したので、何がいいたいのかとカナリアが急かすと、一緒に暮らそうと告白された。

改めてプロポーズされたようなカナリアは、今日が結婚して10年目だということに気づくのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」85話の感想

ようやくセザールが濡れ衣だったと証明され、無事皇室に戻ることができました。

ノアはやはり母の罪を軽くしたくて、セザールに取引を持ちかけましたね。

エブゲニアにセザールは何度も殺されかけ、カナリアもイーサンも傷つけられましたが、セザールは受け入れました。

彼女自身のせいで彼女の一番の願いが叶わなかったから、その罪悪感が罰だということでしたが、そう判断できたセザールはかなり寛大ですね。

まだファーンハム家を追い詰めていないので、問題は山積みですが、一段落しました。

セザールとカナリアもいい雰囲気です。まだ若い二人ですが、もう結婚して10年なのですね。いつまでも新婚のようで微笑ましいです。

カナリアが気にしていたように、オスカーが全然でて来ないですね。ファーンハム家にとって、彼は切り札なのかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください