漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」84話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」84話のネタバレ

キスからどんどんと行為がエスカレートする、セザールとカナリア。

するとドアが開き、グレイシーとリカルドが入ってきた。

もう少し後で来ると言い、半眼のグレイシーが立ち去ろうとするので、カナリアが慌てて止める。

グレイシーは、スチュワート公の口を割らせることができたと話す。

彼女がどうやって口を割らせたのかを察したカナリアは、彼女が味方で良かったと実感する。

セザールとグレイシーは、議会を開き、大勢の前で証言してもらおうと、話をまとめる。

セザールに反逆の罪を着せた皇后は死刑となるだろう、だがノアはとても悲しむと考えたカナリアはうつむき、リカルドに心配される。

カナリアはリカルドに、あることをお願いする。

リカルドは正装し、第二皇子宮を訪れ、自分がファーンハム家であること、家門の印章がおされた皇室の出入り許可証を見せ、警備兵に通してもらう。

リカルドはノアに挨拶し、ノアに怪しまれつつ、テラスに連れ出す。

二人きりになると、リカルドは、自分はファーンハム家の者だが、セザールとカナリアの味方であることを言い、カナリア直筆の手紙を渡す。

手紙には、今回のエブゲニアの企みについて書かれていて、ノアは、自分だけ知らなかったと呆然とする。

リカルドは、明日の議会で全て明らかになり、皇后は処罰を受けると言う。

そしてカナリアは、そのことでノアが傷つくのではないかと心配していたのだ。

リカルドは、この事態を回避する方法が1つだけあるが、既にノアは知っているだろうと言う。

ノアが、何故ファーンハム家の者がセザール達と手を組んだのかと聞くと、リカルドは、これ以上家門を間違った方向に進ませたくないと答える。

そしてセザールとカナリアと一緒であれば、その夢がかなうと信じていると。

その言葉を聞いたノアは、自分をセザールとカナリアのところに連れていってほしいと頼む。

そして翌朝、皇宮へ向かう準備をしているセザールの前に、リカルドとノアがやってきた。

ノアは、皇位継承権を放棄するから、取引してほしいと言うのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」84話の感想

グレイシーの活躍で、なんとかセザールの疑惑を晴らすことができそうです。

これでファーンハム家を追い詰めることができればいいのですが、どうなるのでしょう。

ノアがセザールと取引したいと言っていたので、皇位継承権放棄と引き換えに、エブゲニアの処罰を軽くしてほしいと言うのでしょうか。

皇室のあり方に疑問を持っていたオスカーは、結局は身分や家柄が物を言うような、ファーンハム家のやり方に大人しく従っているのでしょうか。カナリアを火事から助けた後、登場していないので、今どうしているのか気になります。

カナリア達と手を組んでくれたら、とても頼りになるのですが、ジェラルドの側を離れられない気がします。

とりあえず、もうすぐで皇宮を元に戻せそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください