漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」86話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」86話のネタバレ

エブゲニアは、狂ったのかとノアを罵った。

ノアは、母が悪事を働くからだ、兄は母やファーンハム家の企みを全て知っていた、自分が皇位継承権を放棄しなければスチュワート公は事実をありのまま話していたので、母は処刑されたのだと言い返す。

皇帝にならなければあなただって死ぬかもしれないとエブゲニアが言うも、今回兄がファーンハム家を罪に問わなかったように、兄は自分を害するようなことはしないと、ノアは言い返す。

兄が皇帝になっても母を幽閉したりはしない、これまでとは違うのだと。

今までの苦労をわかっているのかと、エブゲニアはノアを叩こうとする。

だが、皇位には興味ない、母を守ることが何よりも大事だということを分かってもらえないのかと、ノアが涙を流していたので、エブゲニアは手を下ろし、ひとまずその場から去った。

カナリアの専属侍女アニーは、最期までカナリアの潔白を主張したため、牢屋に入れられていた。

セザールが皇室を取り戻したので、カナリアとアニも皇宮にて少しずつ元の生活へ戻ろうとしていた。

エブゲニア側の使用人は、どう立ち回ろうか焦っているようだが、ノアが皇位継承権を放棄した以上、どうすることもできない。

久々にノアに会うと、彼は皇居を去って他の場所に住むために、地図を眺めていた。

ノアがここに残っている限り、反発する貴族がいるかもしれないからだ。

どのみちセザールが皇太子となれば、ノアはここを離れなければならない。

エブゲニアも一緒に連れていくつもりのノアに、あのエブゲニアが許可したのかとカナリアは驚く。

だがエブゲニアはノアに会ってくれないのだと言う。

カナリアは、エブゲニアがノアの思いを理解してくれたらいいのにと思う。

すぐ遊びにいけるからと、カナリアは皇居の近くはどうかと提案する。

一方、カナリア達は、結婚10年目にして、一緒に生活するための宮殿へ引っ越した。

だが何故か最近、セザールがカナリアとのスキンシップを避けるようになってしまった。

キスも寸前で逃げるし、夜もやってこないので、カナリアはイライラしていた。

だが、いつまでもセザールの気持ちを受け入れることができなかった、自分への罰なのではないかと考えた。

一方セザールの方は、数日前に帝国男女の恋愛関係についての107種アンケート結果という本を見つけ、カナリアとの関係をさらに進めるために読み始めた。

交際開始後、どれほどの期間で体の関係を持ったかというアンケートの結果が、6カ月から12カ月未満と書かれていたので、それぐらいは待たなければいけないのかと衝撃を受け、現在の行動に至ったのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」86話の感想

カナリアは、ノアの気持ちがエブゲニアに理解されたらいいと考えていましたが、その日はそう遠くないようですね。

エブゲニアは大丈夫でしょうけど、ジェラルドはどうでしょうか。皇室を憎んでいるので、まだ引き下がらないかも。エブゲニアの幸せな姿を見れば納得できそうですけどね。

やっと日常に戻ってきたところに、セザールが斜め上に行ってしまいました。変な本が皇宮の本棚に混ざっていたのですね。そのせいでカナリアも勘違いしています。

既に夫婦なのに、今更何をためらっているのか面白いですね。てっきり、盛り上がったところをグレイシーに見られたせいかと思いましたが、関係ありませんでした。

さて、ややこしいことになった夫婦仲は、すぐ元に戻るのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください