漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」69話のあらすじと感想!

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリcomicoめちゃコミックで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

韓国語版(漫画)は完結しており、RIDIBOOKで読むことができます。

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」69話のあらすじ

※今回は要点だけまとめました。後日いつも通りにまとめたいと思います。

・皇太后は、自身の分と亡き娘の分の投票権を持っていた

・貴族会議での多数決投票で勝つために、クロエは自分を快く思っていない皇太后を説得することに

・アッシュは、皇太后との謁見に緊張するクロエに、彼女の出生の秘密(貴族の血が流れていること)を教える

・クロエは、これまでの主張が弱まるので、アッシュに望まれた平民女性でいることにした

・皇太后と謁見したが、クロエがアッシュに頼んで妻競売の案件を貴族会議に提出してもらったように、女性が男性を動かせるので、ずる賢い女等言われ、牽制された

・快く思われていないのに何故来たのかと問われ、クロエは目をまっすぐ見て答えるのだった

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」69話の感想

皇太后は投票権を2つも持っていたので、是非とも説得したいところです。

皇女の分を取り上げられずそのまま持っていられたのは、それだけ皇太后の権威が大きいためでしょうか。男女関係なく、皇族がそれだけ尊ばれていたのでしょうか。

皇太后は社交界だけでなく、政界にも影響力がありますし、これ以上嫌われたくはないですね。

アッシュは、皇太后対策として、隠されていたクロエの血筋の話をしました。

クロエの両親もまた、平民と貴族の身分差のある結婚だったので、彼らもそれなりに苦労したし、傷ついていたようです。

クロエは血統を利用しないと決めましたが、アッシュもそうするだろうと理解していたように見えます。そしてまた惚れ直していました。年老いても、このように新婚みたいに仲睦まじく過ごす気がしますね。

クロエが平民だろうが貴族だろうが、今の皇太后には関係なさそうです。クロエもそう考えていましたが、これは敵意からではなく、58話で皇太后は一度クロエを認めているので、今回はクロエを試そうとしているのだと思います。

きつい言葉を投げつけてきましたが、覚悟を知りたかったのでしょうね。

クロエがアッシュにお願いして動いてもらっていることと、男尊女卑の世界は別のことなのですが、外野からは同じように見られてしまうかもしれません。

何はともあれ、皇太后を納得させることができると良いですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください