漫画「その騎士がレディとして生きる方法」73話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」73話のネタバレ

ジェザカイアは急いで領地に向かわなければならず、屋敷の外で待っていたバーナードに合流する。

ジェザカイアは、先ほどのルシフェーラとの会話を思い返し、イオジープより自分を選んでくれたことを嬉しく思っていた。

皇位が欲しいイオジープがルシフェーラに取引をもちかけることは予想していたが、イオジープであれば魅力的な提案をしたはずだった。

実際、ルシフェーラが望むなら、皇位争い以外のことなら動くはずだった。

それでもルシフェーラは、ジェザカイアとの信頼関係を壊したくないからと、正直に全て話してくれたので、ジェザカイアはロエル家を訪ねる前と打って変わって、浮かれてしまっていた。

ジェザカイアはバーナードに、すぐに首都に戻れるように急ぎで仕事を終わらすと宣言し、走りっぱなしのバーナードと馬はショックを受けるのだった。

その頃、謹慎中の皇太子テミールは、久々に皇帝に呼び出されたので、緊張していた。

皇帝は病に冒されており、残された時間は短かかったので、後継者を見極めようとしていた。

皇帝がテミールに、反省できたかと問うので、テミールは、皇帝は完璧でなければならないのにそれを怠ったこと、煩わしい者は徹底的に排除すべきであることを答えた。

現皇帝は、自身の兄弟を殺して皇位を得たので、テミールは、皇帝がこのような答えを求めていると考えたのだ。

皇帝は、では弟についてどう思うのか、テミールの考えであれば排除しなければならないのではと指摘する。

テミールは、本ばかり読んで愚かな弟は敵にもならないから、手を下す必要はないと答えた。

それは皇帝の満足する答えではなかったらしく、テミールは困惑し、弟は皇族としては不適格だが、家族としては好いているのだと説明した。

そうかと返事をした皇帝は、テミールに婚約の申し出が届いたことを話す。

テミールはその家門名を確認し、間違いではないかと驚く。

皇帝に、まだ正式に発表はしていないから内密にしろと言われ、テミールは承諾しながら、不敵な笑みを浮かべるのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」73話の感想

ジェザカイアは、ルシフェーラが自分を選んでくれたことが嬉しくて、なんだか輝いていました。多忙なので、ルシフェーラに会ったことでかなり時間を消耗したようですが、ロエル家に寄って良かったですね。

前回のジェザカイアは、相変わらずルシフェーラに気持ちが伝わらずに、少し残念そうでしたが、今ではすっかりご機嫌ですね。

たまにはこうしてルシフェーラからの愛情(友愛でも)を感じるイベントがないと、ジェザカイアの心が折れるのではないかと心配になるので、良かったです。

ジェザカイアに振り回されているバーナードや馬が気の毒でしたが・・・。

さて、ジェザカイアが首都を離れているときに、皇室側に動きがありました。

皇帝は、余命が僅かであることと、53話でイオジープが愚か者のフリをしたことから、テミールをそのまま後継者として認めるようですね。

彼を禁足令から解放し、とある家門との婚約を進めるようですが、テミールの笑みを見る限り、ろくでもない状況になりそうです。

イオジープは、ルシフェーラを守ろうと動いてくれるとは思いますが、まだ力がないので心配ですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください