漫画「その騎士がレディとして生きる方法」71話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」71話のネタバレ

ルシフェーラは、アルシャ独立させたいというのは反逆ではないのかと指摘すると、イオジープは、帝国はそんなにも大きな領土を効率よく統治できないこと、領土が広ければ中央の力が弱まること、皇帝が健在なうちはいいがその子孫の代となったらどうなるかわからないことを話す。

イオジープは、ルシフェーラの母とエステル・シューペルトに血のつながりがあるかと思っていたが、間違いに気づいたらしい。

イオジープが何故ルシフェーラに色々打ち明けたのかと言うと、イドリス公爵やポエル伯爵がついているテミールに比べ、イオジープには学者と群小貴族の支持のみで弱く、皇位を手に入れるにはルシフェーラの協力が必要になるからだ。

皇位についたらルシフェーラの希望を聞くので、武力・権力・富・全てを持つハイント公爵家(ジェザカイア)が、イオジープを支持するように説得して欲しいと言う。

イオジープは、先代ハイント公爵に支持され、周囲には秘密で特訓してもらったのだが、ジェザカイアも一緒に特訓したので、二人は友人となった。

だが近すぎるあまり、支持することをジェザカイアが嫌がるのを理解しているのだそうだ。

今のジェザカイアはルシフェーラを大切に思っているので、ルシフェーラであれば説得できるいう。

ルシフェーラが、断ったらどうするのかと問うと、アイディン伯爵のアルシャ送金を公にして反逆罪で一族を根絶やしにしても良いが、貴女はそのような脅しに屈しないだろうから、何もする気はないとのこと。

考える時間がほしいというルシフェーラに、イオジープは、時間には限りがある、皇位継承争いは既に始まっており、その発端はルシフェーラで、鍵もルシフェーラが握っているのだと指摘するのだった。

その後、一人になったルシフェーラは、女性としての自分に求められているもの、ジェザカイアがこのような駆け引きの社会で生きてきたこと、自分が本当にやりたいことついて、思い悩んだ。

アルシャの独立を願うシトラ騎士団の仲間の存在から、アルシャ独立のためにイオジープと手を組むべきなのかと、頭を抱える。

すると、誰かが部屋のドアをノックしたので、相手は誰か考え込む。

入室許可をすると、入ってきたのはジェザカイアなのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」71話の感想

イオジープの狙いはわかりましたが、ジェザカイアとの関係がひねくれているので、唯一といってもいいほどの強力な盾が手に入りません。

ルシフェーラを利用してジェザカイアを動かそうと考えますが、ルシフェーラもジェザカイアも、忠誠心や信念等、目に見えないものを大事にするタイプなので、そもそもルシフェーラが協力するかはかなり微妙ですよね。

アルシャの独立を叶えるには、イオジープと手を組むのが良いでしょうから、仲間のためだと思えば妥協できるでしょうか。

ルシフェーラは、自分の決断が帝国に影響を与えると知り、困惑してしまいました。カーリッドに復讐することが目標だったのに、全く違う問題に巻き込まれています。

でもルシフェーラも、ジェザカイアのことを一緒に悩むようになりましたね。イオジープにどうこう言われなくても、ルシフェーラもジェザカイアに特別な思いがあります。

そんな中、ようやくジェザカイアが、ルシフェーラのもとにやってきました。ルシフェーラがかなり思い悩んでいるときだったので、やはりルシフェーラが追い詰められると登場するようです。

カーリッド~イオジープの気疲れする男性の相手から解放され、ルシフェーラも一安心では。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください