漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」67話のあらすじと感想!

※全話一覧・登場人物まとめはコチラ

無料漫画アプリcomicoめちゃコミックで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

韓国語版(漫画)は完結しており、RIDIBOOKで読むことができます。

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」67話のネタバレ

法律を変えるためには世論を味方に付ける必要があり、法律を制定する議会と皇室を動かすために、まずは貴族たちの考えを変えることになった。

貴族たちは、無関係だと思っていることと、平民の反発を買ってまで慣習を変えようとは思っていなかった。

そのためクロエは、貴族たちに反発されないよう人道的な観点から始めることや、自分と同じ考えの女性を集めることを考えた。

法を変えるなど多くの困難があるかもしれないが、何もせずに諦めるのは嫌だった。

クロエの活動は貴婦人間で話題になり、ヘイウッド婦人の耳にも入った。

男性中心の議会に女性が関わることは考えられないことだったが、その男性を支えているのは女性だったので、ヘイウッド婦人はクロエの行動に理解を示した。

また、非難を受けるだろうに自ら前にでるという、責任感の強いクロエを応援したいと思った。

そこでヘイウッド夫人は、世論を味方にするために、パーティーでも慈善活動でも良いから、慣れ親しんだ場で社交活動を行い、有利な雰囲気を作ってはどうかと提案し、クロエはその意見を素直に聞いた。

ヘイウッド夫人は、クロエを室内に招きいれると、自分の若い頃の宝石を譲ろうとした。

クロエが遠慮すると、本当は娘にあげたかったが、娘への気持ちを癒すためにも、娘のように思うクロエにもらってほしいと話す。

クロエは、あまり断ると夫人に悪いと思い、耳飾りだけもらうことにした。

ヘイウッド夫人がニコニコしているので、クロエは思わず微笑むのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」67話の感想

平民女性が侯爵の妻になったことも、実は結婚歴があり妻競売で買われたことも、幼少時から騙されて悲惨な人生を送っていたことも、クロエは常に社交界の噂の中心でしょうね。

今回も、あの国の女性では珍しく、男性ばかりの分野に関わり、法律を変えようと動いているので、大きな話題になっているようです。

ヘイウッド伯爵夫人は、その行動の責任を、クロエ自身が負おうとしていることから、クロエをますます好きになりました。

クロエの方も、ヘイウッド伯爵夫人が、純粋な気持ちで支えてくれるので、得難い友人だと思っています。5話の初登場時には、二人がこのような関係になるとは思いませんでした。

ちなみに、エルロイン・ヘイウッドの亡くなった娘については、40話に詳しく描かれていました。

クロエは妻競売被害の女性だけでなく、エルロインの心も癒せそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください