漫画「その騎士がレディとして生きる方法」66話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」66話のネタバレ 

ルシフェーラに声をかけてきたのは、ジェザカイアだった。

彼は、以前ルシフェーラが手紙にオペラを見に行くと書いていたため、首都のオペラを探し回って、彼女の顔を見に来たのだった。

ジェザカイアがルシフェーラを散歩に誘ったので、イオジープとクロレンスが茶化し、二人きりにさせる。

イオジープはクロレンスに、アイディン伯爵令嬢はかなり変わったと思わないかと言うと、クロレンスは、何度も命を狙われたり、苦労しているのだから変わって当然だと答えた。

イオジープは次に、何故今になって彼女に近づくのか、前もってハイント公爵夫人との繋がりが欲しいのかと言う。

するとクロレンスは、第二皇子こそ何故ルシフェーラを気にかけるのか、ルシフェーラに気があるのかと指摘するので、イオジープは慌てて、ジェザカイアと揉めるつもりはないと否定する。

クロレンスは、イオジープは本当にルシフェーラに気があるのではないかと疑う。

イオジープはクロレンスが乗った馬車を見送りながら、中立派の家門であることから、クロレンスにも興味を持つのだった。

一方、ルシフェーラと夜の庭園を歩くジェザカイアは、彼女が今日のオペラでどう感じていたかを言い当て、彼女を笑わせた。

ジェザカイアは、あの男の気持ちも理解出来る、自分の思いを伝えることで相手を縛り付けると思ったのだろうと話す。

ルシフェーラは、難しく考えすぎていると言い、好きなら思いを伝えれば良い、駄目なら諦めるか、自分を磨くか、他に人を好きになればいいと、あっけらかんと話すので、ジェザカイアは真っ青になった。

ジェザカイアに、恋愛したことがないのかと、図星を指されるルシフェーラ。

ルシフェーラは耳が痛かったが、そう簡単に諦めきれなくても、失うものが多いからと言葉にしないのは、責任を負うのが怖いのだろう、責任を負いたくないなら相手の気をひくのではなく、諦めるべきだと話す。

ジェザカイアが、気のない男性に告白されたらどうするのかと言うと、ルシフェーラは、断るが、それでも諦めないなら関係を断つと言い、彼の心を折った。

さばさばした性格だったのはわかっていたが、ここまでとは思わず、ジェザカイアは、婚約者で幸いだったと思う。

ジェザカイアは、それよりもと、ルシフェーラに話したいことがあると言うのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」66話の感想

ルシフェーラに声をかけたのは、いつでもナイスタイミングなジェザカイアでした。すっかりルシフェーラに恋に落ちたので、イオジープやクロレンスにからかわれています。

彼女の言葉に振り回され、黒獅子のはずが、病院にきた猫ちゃんになっています。

ルシフェーラの心がどこあるのか確かめようと質問しましたが、恋愛感情のれの字もなく、散々な結果に。

ジェザカイア含め、誰にも恋をしていなかったのですが、幸い、ジェザカイアは婚約者だったので、他の男よりはマシな立場でした。

でもルシフェーラも、ジェザカイアが来ると気が楽になるようなので、そのうちに他の人との違いから自覚するかもしれないですね。とても長い時間がかかりそうですが・・・

イオジープの方は、しつこくルシフェーラを探ろうとしているので、クロレンスに変な誤解をされてしまいました。ジェザカイアに睨まれないように、ほどほどにしておかないとですね?


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください