漫画「皇帝の一人娘」最新話241話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」241話のネタバレ

ペルデルは、6歳の皇女と自分の息子達を比べ、やはり女の子は可愛いと思っていた。

息子たちは、シルビアが弱音を吐くほどやんちゃだったが、リアは大人びていて、シルビアとペルデルの出会いを聞いてくるほどだった。

秘密だと言ったらリアがむくれたので、ペルデルはその顔を愛らしく思い、カイテルがリアを可愛がるのも理解できた。

交換条件に頬に口づけを頼んだら、リアは悩んだのだが、その姿も可愛く、口づけもちゃんとしてくれたので、ペルデルは大歓喜した。

ペルデルは約束通り、シルビアとの馴れ初めを話した。

当時7歳のペルデルは、恵まれた環境と優れた頭脳のおかげで、何もかもに飽きてしまっていた。

だが、年は近くとも自分と全く違うアシシと出会い、アシシの人の良さに惹かれ、気がつけばアシシに夢中になっていた。

アシシの闇を知った後、ペルデルに接触してきたのがシルビアだったのだ。

自分はアシシに何もしてやれないと悩んでいるときに、アシシを助けたいと言ってきたのがシルビアだったため、彼女の頼みに応じることにした。

アシシの闇を知って逃げ出した自分とは違い、無力だと知りながらも動こうとするシルビアの存在は、ペルデルに影響を与えたのだった。

漫画「皇帝の一人娘」241話の感想

ペルデルはリアが可愛くて仕方ないようです。他所の家の子は、責任がないので可愛いですよね。

68話~誘拐付近が、この時期だと思うのですが、確かにペルデルはリアをかなり可愛がっていました。あのようなことをしていたのがバレたら、カイテルにさらに怒られそうです。

ペルデルとシルビアは、きっかけはアシシの闇ですが、自然な流れで惹かれあったようです。

シルビアみたいな淑女から、なぜ悪魔の双子が産まれたのか不思議でしたが、シルビアの意思の強さと、ペルデルのひねくれた有能さが合わさったようですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください