漫画「皇帝の一人娘」最新話242話のあらすじネタバレと感想

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

日曜日に最新話が更新されます。(4週更新、1週休載だそうです)

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」242話のネタバレ

ペルデルは、アシシのためにできることをしてあげたいと必死に訴えるシルビアを見て、なぜ自分はそのように考えなかったと気付かされ、また、初めて誰かを美しいと思った。

そんなシルビアを誰にも壊されないように守りたいと思ったときから、ペルデルの目にはシルビアしか映らなくなった。

その話を、質問主の幼いリアに話してきかせるペルデル。

リアは、シルビアへの愛を感じると納得し、ペルデルは、シルビアを心から愛していると話した。

皇女にもそのような人と一緒になってほしいと言い、自分の息子を薦めるが断固拒否される。

リアがその場から立ち去ると、ペルデルは、自身がシルビアから何かを大切にするという感情を教えてもらい、荒れた帝国を復興させることができたのはシルビアがいたからだと思う。

ペルデルは、シルビアを一人にしない、いつまでも一緒だという約束を、守り続けるのだった。

※エピソードが変わりドランステの話でした。

自分が誰か、何もわからぬまま、真っ暗な世界で目をさましたのはドランステだった。

そこへ1匹の白い蝶が飛んできたので、自然と手がのびたが、そこで初めて動けることを知った。

自分がいる場所が廃墟で、時が存在していることも知った。

ドランステは蝶についていきたいと思い、暗闇から抜け出したのだった。

漫画「皇帝の一人娘」242話の感想

いつもふざけてばかりのペルデルですが、実際は真面目にシルビアを心の底から愛していました。

シルビアいたからこそ、暴君カイテルがいても帝国を立て直すことができたのですね。アグリジェントには、シルビアはなくてはならない存在です。

リアの見た目は幼いですが、精神年齢は高いので、ペルデルとシルビアの馴れ初めや、深い愛情をよく理解していました。おそらくカイテルよりもよく理解できたのでは。

シルビアは可愛かったですね。淑女になったリアという感じです。

その後に始まったのは、ドランステのエピソードでした。ドランステは久しぶりですね。

今はどうしているのでしょう。破片は全部集まったのでしょうか。完璧な姿になって、カイテルのもとに戻れると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください