漫画「帰還者の魔法は特別です」183話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」183話のネタバレ

前世のアーロンは、今回も大勢が犠牲になったので仲間の死を悼み、いつか死ぬときは騎士らしい最期を迎えたいと、デジールに話していた。

現在、キメラとなってしまったアーロンを魔法で倒したデジールは、あのときも今も騎士として送ってやることができなかったと、アーロンの亡骸を前に、ひとり嘆き悲しんだ。

そして、アーロンをこのようにした者たちを引きずり出し、仇を取ってやると誓うのだった。

一方、ノルデン伯爵は、帝国軍に城を囲まれたものの、敵は100人程しかいないと知り、援軍が来るまでの1時間、時間を稼ぐことにした。

ノルデン伯爵の兵士はその数倍はいたはずなのだが、悲鳴と爆発音はどんどんと城に近づいてきていた。

協力者から最強の兵器(アーロンのキメラ)を手にれたはずなのにと、焦りを隠せなくなってきたノルデン・カロス伯爵。

そしてついに敵軍がノルデン伯爵のいる場所まで到達し、ノルデン伯爵の前に立つデジールは、誰が崖の下のキメラを作ったのかと問う。

ノルデン伯爵のまわりに彼の兵士はいたが、デジールが引き連れてきた部隊が、ロイヤルガードの補佐部隊サイドガードだったため、動けなかった。

デジールは、アーロンをキメラにしたのは誰かと、ロイヤルガードとしてもう一度問う。

ノルデン伯爵は、うるさいと怒鳴ると、皇帝に仕えるべき剣が偽物の皇帝に仕えるなんて、権力さえあれば何でも良いのかと言い出した。

真のへブリオンの皇帝はログフェロスではない、自分が忠誠を捧げたのはへブリオンの皇家だけ、革命に乗じて皇帝の座を奪ったのはログフェロスだと言う。

ノルデン伯爵は、ロイヤルガードさえ倒せば勝てると兵士たちを鼓舞し、兵士たちは、へブリオンのためにと声をあげながらデジールに襲いかかり、魔法で拘束される。

デジールはノルデン伯爵に、裁判を受ける前に殺されたくなかったら、訊かれたことに答えろと警告するのだった。

その様子を遠くから見ていたピエロは、デジールがロイヤルガードに入ったことを面白がるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」183話の感想

デジールとアーロンは、気さくに会話していました。仲間が347名も死に、周囲は荒れ果てていたので、相当激しい戦闘の後だったのでしょうね。

アーロンは、仲間が次々に死んでいくので、自分の死についても考え、騎士としての死を望みました。でも何があったのか、前世でも騎士として死ねなかったようです。前世も体が乗っ取られてしまったのでしょうか。

アーロンを高威力の魔法で一瞬で殺したのは、デジールなりの優しさなのでしょうね。デジールは、前世も仲間の死に苦しんだのに、今回も助けることができず、また闇落ちしかかっています。到底許せることではないですよね。

デジールはロイヤルガードとして、サイドガードを率いて、ノルデン伯爵を捕らえました。ノルデン伯爵は反逆を企てたので、どうあっても処刑されるような気がしますが、デジールに知っていることを話すでしょうか。

また、ログフェロスではないという、真のへブリオンの皇帝は誰なのか気になります。アゼストもログフェロスなので、ノルデン伯爵からすれば、彼女も皇位簒奪者の一族で、倒すべき敵なのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください