漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」57話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoめちゃコミックで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

毎週木曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」57話のネタバレ

ナイフでクロエに襲いかかったジョセフだが、アッシュに蹴り飛ばされ、歯が折れた。

アッシュは、サインした妻競売の契約書には、違反した場合は100倍の違約金が発生し、口外すれば即拘禁刑に処されると書いてあったはずだと指摘し、言い訳は法廷で聞くと言い、警備兵に捕らえさせた。

そして、皇帝もいる場であり、招待されたものしか入れないのに、ナイフを振り回すような暴漢を会場に入れたのは、キャサリン・ラビラン令嬢だとわかっていると名指しした。

キャサリンは、父に届いたブリニクル侯爵家からの結婚式招待状に、令嬢も共に出席していただけたらと書いてあったのを思い出し、全て仕組まれていたことなのだと気づいて、真っ青になって震えた。

ブリニクル侯爵家に睨まれてしまったので、今後の社交界活動は絶望的となり、ラビラン子爵家は財を成して生まれた家門だったので、父親の事業にも大打撃となった。

アッシュは皆に、自分と妻の結婚は皇帝に認められたものなので、妻に不当な扱いをするものはいないと思いたいと言う。

アッシュはクロエに手を差し出し、結婚式の続きをしようと微笑むのだった。

慈善活動の前、クロエはアッシュに、ジョセフはクロエの幸せを邪魔しようと、結婚式で何かしてくるかもしれないから、ジョセフとの問題を解決したいと相談した。

ジョセフはクロエのことを所有物だと思っているので、再び利用しようと、慈善活動の日に近づいてくるのではと考えた。

アッシュは、クロエの視界にいれないよう排除することができると言うが、クロエは、逃げてばかりでは解決しないと思い、自ら会って警告し、一度だけチャンスを与えると言う。

それでも一線を越えるのであれば、クロエの人生から完全に消し去りたいと言い、アッシュにお願いすると、アッシュはもちろんだと答えた。

クロエの過去がバラされ、アッシュの名誉が傷つくかもしれないと言うと、アッシュは、自分の思う名誉は違う、愛する人を護ることが名誉だと言う。

クロエは、アッシュを素敵な人だと言い、それでも申し訳なく思うと言うと、アッシュは何か言いかけるが、クロエは自分にそれ以上のものを与えてくれたのだからと言う。

そうして現在、キャサリンもジョセフも排除され、クロエは前を向いて進むことができるのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」57話の感想

ジョセフがとびかかったところで、アッシュがさくっと撃退しましたね。白い靴がジョセフの血で汚れてしまいましたが、すぐに替えを用意するよう、淡々と指示していました。

慈善活動から結婚式まで、全てジョセフを断罪するように仕組まれたものでしたね。道理で、監視がついているはずのジョセフが、クロエに接触できたわけです。

これまで、ドリアやレンドル夫妻にはアッシュ同伴で会っていたのですが、まさか物理的に手を出してきそうなジョセフ相手に、アッシュの同伴なしで会うとは思いませんでした。

思い切った行動ですが、理不尽に暴力を振るうような相手、トラウマの元凶にも一人で立ち向かえるかどうかが、重要だったのですね。

ついでに、社交界にクロエの悪口をちょこちょこ流し、今回このような犯行を誘導したキャサリンを排除しました。これで、これまでクロエを虐げてきたものの断罪は終了し、クロエの周囲はすっきりです。

皇太后が今後どう動くかわかりませんが、静観していましたね。

そういえば、皇族を守るために配備されているであろう近衛も静かだったので、ある程度事前に話が通っていたのでしょう。

あとはトラウマのせいで、アッシュとそういう関係になれないことですが、これは自然に回復するのを待つしかないのでしょうね。最近のクロエは感情豊かになり、アッシュからの想いを素直に受け取り、自身もアッシュを愛しく思っているようなので、回復はそう遠くないのではと思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください