漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」49話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」49話のネタバレ

これが最後だと言いながら、また罪のない人を殺そうとし、オフィーリアに嘘をつく母を止めるために、オフィーリアは馬車に細工をしたのだった。

当時のアルファード公爵は、既に母の手に落ちていたので、馬車の事故に遭わなくても死ぬ運命だった。

そうして馬車事故が起きた日、表面上は単純な事故なので人々の反応は予想通りだったが、本当に人を殺してしまったのだと、オフィーリアはひどい罪悪感に苛まれた。

オフィーリアは、アルファード公爵の代わりに自分が死ぬべきだったと思ったが、それは母の最期に一緒ではなかったからだった。

母が恋しいオフィーリアは、母の思い出が残る邸宅にいると辛いので、葬儀後に邸宅から出て、その後は神聖帝国の聖人の階段を上り(14話)、母の贖罪をしながら母のあとを追うつもりだった。

だが、その日はアレクサンダーに止められ、いつも涙を浮かべながら自分を引き止めるアレクサンダーを見ているうちに、アレクサンダーに対して責任をとるべきと思ったのだと、オフィーリアはこれまでのことをアレクサンダーに話す。

アレクサンダーの保護者のつもりだったが、アレクサンダーと過ごすうちに母がいなくても平気になり、アルファードの邸宅も居心地よくなったと言うと、ちょうど0時の鐘が鳴った。

日付が変わり、約束の3年が経ったので、オフィーリアが出ていく日になったのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」49話の感想

オフィーリアはこれまでのことを全て、アレクサンダーに打ち明けました。

アルファード公爵を巻き込んだのは、公爵はもう毒で死ぬ運命だったからなのですね。殺して良い理由にはなりませんけどね。

なのでオフィーリアは、罪悪感と後悔に苛まれますが、特に母の最期に一緒にいることができなかったことを長く引きずりました。

母の愛がオフィーリアに向けられていれば、母がまたやらかしていたとしても、馬車事故を起こしはしなかったのでしょうね。オフィーリアにとって、母が全てです。

でもそんなオフィーリアを変えたのは、アレクサンダーでした。母がアレクサンダーに注射器を持っていたとき怒ったこと等、オフィーリア本人も気づかぬうちに、彼に対して好意を持っていたようです。

これまでの話を聞いたアレクサンダーは、複雑でしょうけど、彼の最愛から告白されたようなものなので、とても嬉しいのでは。

アレクサンダーは、3話で3年経ったらオフィーリアを追わないと約束したのですが、今更彼女を手放したりはできないでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください