漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」3話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリcomicoで連載中の「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」原題・오필리어가 공작가를 벗어나지 못하는 이유

毎週月曜18時に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」3話のネタバレ

アレクサンダーを抱きしめたオフィーリアは、歓迎されていないと思ったから、この家にいない方がいいと思ったと話す。

アレクサンダーは、自分より小さいのに年上だしと、その時は反発心があったと言い、打ち解けあった二人は屋敷に戻る。

夜に黙って出ていかないで欲しいとアレクサンダーが言うも、オフィーリアは、まだ姉弟になって1ヶ月しか経っておらず、周囲によく思われないし、残る理由がないと言う。

アレクサンダーは、居心地が悪いのは知っているが、自分が成人する3年間は残ってほしい、その代わり誰も姉に手出しできないようにすると説得する。

普段とは違い、すがるようなアレクサンダーの言動が気になりつつも、オフィーリアは、アレクサンダーが成人したらいつ自分がいなくなっても絶対に追わないで欲しいと言い、約束させた。

そのときのオフィーリアは、彼が公爵家に引き留めた本当の目的を知らなかったのだ。

その後、公爵邸にアレクサンダーの親戚である、エイドリアンという壮年の男性がやってきた。

エイドリアンはオフィーリアに挨拶し、握手をすると、最近結婚相手を探し始めたのだと言い、彼女の手をギュっと握った。

アレクサンダーは、アルファードに嫁探しにきたのかと嫌味を言う。

葬儀のために滞在していた親戚は、この家には大人がいないから、自分達が残ってアルファードを支えるつもりだと話しだした。

アレクサンダーは、その話を拒否し、大人なら姉がいると言い、オフィーリアの手を握るのだった。

漫画「オフィーリアが公爵家を離れられない理由」3話の感想

公爵家に未成年の後継者が1人残っただけと聞けば、色々な人がすり寄ってくるでしょうね。

しかも美しいオフィーリアを狙う者まで現れました。

アレクサンダーは、この親族達が信用できないので、血筋としては他人のオフィーリアの方が安心できたようです。

まだ1ヶ月の付き合いなのに、アレクサンダーはオフィーリアを全面的に信用しています。

そしてその選択に負ける親族達は、どれほどアレクサンダーに信用されていないのかと驚きますね。信用できない者なら、人手不足でもいない方が良いでしょう。

アレクサンダーに決定権がありますが、反発はされるでしょうね。彼の希望通り、オフィーリアだけ残すことになると良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください