漫画「皇女、反逆者に刻印する」48話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「皇女、反逆者に刻印する」原作・IRINBI、漫画・SAGONG(COPIN)、原題・황녀, 반역자를 각인시키다

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇女、反逆者に刻印する」48話のネタバレ

イヴが、ミカエルの無事を喜ぶと、ミカエルが急に上着を脱ぎだしたので、イヴは動揺するが、雨で体が冷えないよう上着をはおらせてくれた。

ミカエルの手が震えているのに気づき、イヴは保温魔法をかけようとすると、その手を握られた。

ミカエルが、イヴをとても心配していたのがわかったので、イヴは彼の頬に触れ、もう大丈夫だと伝えると、ミカエルはその手に手を重ねたのだった。

ガラムートの思念体が消えると、嵐が静まり、会場の復旧作業が始まった。

魔獣狩り大会はミカエルが優勝した。

宮殿に戻ったイヴとミカエルだが、その日は偽りの泊まりの日だったため、ミカエルはホムンクルスの宿舎に戻らず、イヴの寝室で眠ることになった。

イヴは申し訳無さそうだったが、ミカエルは気にせず、疲れきっているイヴに眠るよう促す。

イヴはすぐに眠り始めた。

ミカエルは、今日起きたことを考える。

刻印の主が危険にさらされると、どれほど自分の心が乱されるか実感したことや、主人を失うと正気を失うホムンクルスもいるほどなので、とても危険な契約だと思った。

さらにガラムートのような魔龍が、何故自分を王と呼ぶのか気になった。

また、魔龍が自分を宿敵だと考えるならば、刻印を解除したほうが、イヴにとっては安全だろうと考えた。

そうはいっても手放せないので、その代わり守ればいいのだと、眠っているイヴの髪に口づけするのだった。

漫画「皇女、反逆者に刻印する」48話の感想

刻印は、忠誠儀式より上位の契約で(9話)、絶対的な契約魔法とのことです(10話)

さらにこれまでのイヴの行動で、ミカエルは彼女をとても信頼し、37話で、イヴが皇位に就くその日まで、イヴの剣として全てをかけて共に生きたいと言っていたので、ミカエルの彼女への思いは相当なものです。

主との結びつきは強固なものなので、イヴに何かあったらと思うと、どうにも感情が抑えきれなくなるようですね。

ミカエルは、もし主であるイヴを失ったら、自分も正気を失うのだろうかと考えましたが、回帰前の刻印をしていない状態でも、ずっとイヴの遺体から離れなかったので、確実にそうなるでしょうね。

そういえば、魔獣狩り大会はミカエルが優勝しました。ロゼニットが悔しがるかと思いましたが、ガラムートで大惨事の大会だったので、皆慌ただしくて、そこまで気にしていないかもしれないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください