漫画「帰還者の魔法は特別です」171話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」171話のネタバレ

ホムンクルスが逃げ出さないように、いくつもの魔法と魔法石が使われていた。

ジョードは、ホムンクルスには現代にはない技術が使われていたこと、体内のマナ最大量はランク6だったことを説明する。

デジールが影の世界で見たホムンクルスは、ランク1とランク3だったので、マナを移植することができるようだ。

デジールは、もしそれが可能なら、自分はもっと上を目指せるのではないかと思った。

また、ホムンクルスの巻き戻りの能力について、自分が回帰したのと同じだと思うのだった。

へブリオン帝国の記念碑的な場所レナ・ドネルでは、デジールの戦争での功績を讃えられ、デジールは皇帝(ギルティアン・ジェドゥガ・F・ログフェロス)から直々に勲章を賜った。

デジールを取材したい記者が大勢押しかけたが、デジールはその中に埋もれそうになっていた記者、アユルス通信のベン・ザール一人だけを選んで取材を受ける。

ロマンティカは、ホムンクルス戦でプラムやアゼストを助けることができなかったので、強さを求めて一人で特訓し続けていた。

一方デジールは、ベン・ザールのインタビューに、へブリオン帝国と西方王国会の永久同盟について語った。

ベン・ザールは、デジールと同じ考えだったので、デジールに選ばれたのだが、ベン・ザールは実現は難しいだろうと考えていた。

デジールは、記事に載せ、小さな火を灯すことが目的だった。

へブリオン学園でのデジールの立場は確固たるものになり、デジールのパーティーも学園一のパーティーとなった。

デジールのパーティーには、学園一になったからと甘く考えている者もいたが、デジールが、パーティーの順位はあなたの実力ではないと指摘し、気を引き締めて訓練に励んでほしいこと、大変かもしれないが努力は裏切らないと言うのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」171話の感想

デジールが考えたように、マナが移植できたのなら、デジールの短所はなくなりますね。

デジールと同じタイプで、センスはあるのにマナがない人物を、成長させることができます。戦力がかなり増強されるので、早く方法を見つけ出したいですね。

一方、マナがそこそこあるロマンティカは、ホムンクルス戦で貢献できなかったと思い、必死に訓練を続けていました。ロマンティカも、ホムンクルスを追い詰めるために貢献したのですが、ホムンクルス相手だと無力を感じますよね。

影の迷宮まであと2年しかないので、皆をどんどん成長させなければいけませんね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください