漫画「入学傭兵」70話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」70話のネタバレ

騒ぎを聞きつけてやって来た勝司の仲間たちは、マスクを外せと壮馬に殴りかかる。

2、3人だと一瞬で倒されるので、勝司の命令で皆一斉に飛びかかった。

一方、健斗は、突然現れて突然消えたさっきの上級生(壮馬)や、今日はこれ以上いじめられませんようにと考えながら、教室へ向かっていた。

すると教室前に人だかりができており、教室から男子生徒が吹っ飛んできた。

教室を覗き込むと、先程の上級生が、勝司以外のいじめっ子たちを全員倒しきったところだった。

勝司は、近づいてくる壮馬から後ずさると、何故このようなことをするのかと言う。

壮馬は、お前は理由があって人を虐めるのかと言うと、また誰かを虐めたと耳にしたら次はこの程度では済まないと脅した。

勝司が、映画の見すぎではないかと茶化したので、壮馬は、勝司の頭を何度も叩きつけた。

血まみれになった勝司は、壮馬の言う通りにすると約束する。

壮馬は、健斗に目もくれず、そのまま教室を去る。

健斗は、壮馬の圧倒的な強さや、勝司が普段偉そうにしていても結局は力に屈したのを見ていた。

そんな健斗に気づいた勝司は、何を見ているのかと、健斗に向かって怒鳴り散らした。

するとすぐさま壮馬が戻ってきて、勝司を壁に叩きつけると、指を1本折り、約束を違えれば戻ってくると脅した。

壮馬は去り際、健斗に、飯代は返したと言う。

その後、梨々花に解決したと連絡するのだった。

漫画「入学傭兵」70話の感想

ずっと壮馬のターンですね。

傭兵集団ですら壮馬に勝てないのに、学生が勝てるわけがありません。特に勝司については、皆が青ざめるほどボコボコにしていました。後頭部を掴んで、あちこちに叩きつけていたのでとても痛そうです。

壮馬は傭兵出身のせいか、相手を追い込むのに躊躇いがないですよね。勝司も最終的には涙を浮かべていました。

指を折られてしまいましたが、失神するような暴力を健斗に何度も行っていたので、むしろ軽く済んでよかったかもしれません。

壮馬はいつも感情が見えませんが、今回は頭にきていたのか、脅す時に目が据わっていました。指折るシーンが印象的でした。

ここまでやられれば、勝司も大人しくしていそうです。

ただ、いくら壮馬が素知らぬフリをしても、誰への虐めが原因かは雰囲気でわかったと思うので、健斗の周辺はしばらく落ち着かないかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください