漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話78話のネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードまとめはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話78話のネタバレ

アルキナ諸島にあった、古代魔術師国家バルタについての史料はほとんど残っていない。

一部の魔術師がバルタという国を作り、世界を支配しようとしたため、大きな戦争に発展した。

魔術師に勝利した古代の人々は、地図からバルタを消し、魔術師を迫害し始めた。

この上半身だけの骸骨はその戦争時のものかもしれず、もし死なずに魔法が完成していたら、帝国はバルタの従属国になっていたかもしれない。

ペネロペが出会った魔術師は、善良な人ばかりだったので想像もつかなかった。

カリストは、呪文がわからないのでこれはもう古い紙切れでしかないと言うが、ペネロペにとっては、3回の回数制限はあるが、移動したい場所を指し『移動』と言うと移動できる、報酬アイテムだった。

ペネロペがカリストに、この古代魔法地図を使うことができると言い、無理やりな説明をすると、カリストは半信半疑だったが、狩猟大会の小動物エリアに移動することに決める。

ペネロペが移動と言うと、自然と口から呪文が出て、二人は一瞬で小動物エリアへ転移した。

カリストはペネロペの博識ぶりに驚き、噂はあてにならない、俺も魔法の原理を勉強しようと言うと、好感度が35%に上昇した。

巻物は研究のためにカリストが預かった。

早速移動しようとすると、カリストがふらついた。

洞窟内は暗くて気付かなかったが、カリストの顔色は真っ青だった。

カリストは、目覚めたとき後悔するから、人を呼んでこいという。

攻略対象は死なないはずだが、心臓の音がとても弱かったので、ペネロペは急いで人を呼ぶことにした。

小動物エリアを抜けると近衛兵が見えたので、駆け寄りながら皇太子が危険だと大声を出す。

するとペネロペは拘束され、貴族殺人未遂の罪で、緊急逮捕すると言われてしまうのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話78話の好感度

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話78話の感想

古代魔法地図は回数制限がありますが、重要なアイテムでしたね。

今回は皆の所まで戻るために使用しましたが、今後バルタに向かう展開もありそうです。

バルタに向かえば、何故彼女がペネロペの体に転生することになったのか、詳しくわかるかもしれません。ヴィンターもいますしね。

カリストから巻物が受け取れるかどうかが問題ですが、イベントか何かでキッカケがあるかも。

しかし、良いアイテムを入手&森から脱出できたのも束の間、ペネロペは近衛兵に捕まってしまいました。

ペネロペが無実だと証明できるカリストはダウン中ですし、エカルト公爵は信じてくれてもデリックが疑っているので、味方になるはずの家族がバラバラです。

それに暗殺者に狙われているカリストが地面に放置されたままなのも気になるので、早く保護して欲しいですね。

そして早くペネロペを助けに来て欲しいところです。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください