漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話77話のネタバレと感想!あらすじまとめ

全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードまとめはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話77話のネタバレ

カリストが魔法陣を破壊したので、魔法はもう発動されなくなった。

どのような魔法が使われる予定だったのか調べると言い、カリストは剣を振り上げたが、珍しい遺骨を発掘してみたかったペネロペが止め、自分が巻物を取り外すと言う。

ペネロペが骸骨の前で手を組み礼を尽くしたり、巻物の汚れを取るためのハケ代わりに自分の髪を一束きったりすると、その度にカリストが質問したり慌てて止めるので、ペネロペは皇太子であるカリストに、邪魔だから離れるように言う。

スクロールの汚れは取れたものの、巻物と骸骨の手がくっついてしまっているので、地面の炭をその間に塗り込み、余分な水分をとった。

カリストは、骨を切ってしまえばいいのに何故そう面倒なことをするのか、考古学の見識でもあるのかと言う。

ペネロペは、勉強していた地球での日々を思いだしつつ、本を読んで学んだと答える。

あとは灰が水分を吸うのを待つのだが、ペネロペの手が灰で真っ黒に汚れてしまったので、カリストが花柄のハンカチを渡す。

ハンカチなんて持っていたのかとペネロペが意外そうに言うと、出征前に令嬢の一人からもらったものらしく、一人の令嬢の気持ちを無駄にしたなと言うカリスト。

小言を言い合った後、ペネロペは、巻物を壊さずに外すため、脱いだ上着を使って慎重に取り外す。

破損することなく、赤い紐と青い紐がそれぞれついた、2つの巻物を確保した。

うまく外すことができ満足しているペネロペを気にせず、カリストは乱暴に巻物を掴むと、そのまま広げた。

ペネロペは慌てて止めようとするが、クエスト達成の画面がでて、報酬は古代の魔法地図だった。

カリストは、これはここの地図だと言い、タブレットのように動いたり拡大できるそれを、ペネロペに見せてくれた。

移動ポータルができる魔法地図で、もう片方の行先は、古代魔術師国家バルタなのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話77話の好感度

前回と同じです

  • デリック  29%
  • レナルド  30%
  • カリスト  34%
  • ヴィンター 32%
  • イクリス  60%

漫画「悪役のエンディングは死のみ」最新話77話の感想

ペネロペは意外な知識がありましたね。ペネロペが慎重に巻物を外しても、カリストはぞんざいに扱っていましたが。

前回、ペネロペは血の滴る熊の生首はダメでも、骸骨は平気なのはどうしてか少し気になったのですが、彼女はもともと知識があったからなのですね。白骨化してしまえば、彼女にとっては研究対象なのでしょう。

カリストがペネロペをからかい、ペネロペがムッとして言い返すやりとりが続いています。気のおけない二人のやりとりは読んでいて面白いです。

彼女が公爵邸に行った理由』の主人公レリアナと男主人公ノアの会話も、この二人のやりとりと似ていますね。

さて、皇居の敷地内に危うく移動ポータルが作られるところだった、ということがわかったのですが、バルタは初めて登場した名前ですね。

今回の狩猟大会で、話がペネロペの想像もしない方向へと、どんどんと進んでいっているようです。これでまた面倒なクエストが発生しそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください