漫画「その騎士がレディとして生きる方法」34話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」34話のネタバレ

最後の力を振り絞ったリニックスの攻撃で、爪で背中を深く斬りつけられたカーリッドは倒れた。

ルシフェーラは、柄にもないことをしやがってと叫びながら、カーリッドをゆすって意識を覚まそうとする。

ふと、このまま見捨てれば、希望通りにカーリッドを死なせることができるのではと思い、その場から離れる。

しばらく進んだが、あのまま死ねば、ただの事故死で望んだ復讐ではない上、哀れなレディのために尊い身を捧げた真の騎士の異名がつくのではと考え直した。

いつか自分の手で殺すために、ルシフェーラはカーリッドの所に戻り、止血を始めた。

少し経つとカーリッドが目覚めたので、包帯を巻くために上半身を起こしてもらう。

カーリッドは、憎んでいたのに何故助けたのか、自分なら見捨てていたと言う。

本当ならカーリッドを見殺しにしたかったルシフェーラは、怒りのあまり立ち上がって睨む。

カーリッドは、ルシフェーラが自身のドレスを千切って包帯にしてくれたことに気づき、皇太子にルシフェーラを拉致して密かに首都へ連れてくるように命じられていたと打ち明ける。

ルシフェーラが、何故いきなり打ち明けたのかと鼻で笑うと、カーリッドは、私達はここで死ぬ運命だからだと言う。

リニックスの子供2頭がすぐ近くまで迫っていたのだった。

カーリッドは負傷していながらも剣をとり、かばうようにルシフェーラの前に立つが、ルシフェーラは、今更善人ぶるなと腹がたった。

カーリッドに、最後に言い残したことはないかと問われ、ルシフェーラは、自分が何者か打ち明けようとした。

その瞬間、仔リニックス2頭が飛びかかったので、ルシフェーラは無意識カーリッドを突き飛ばし、彼を守ろうとした。

すると突然現れたジェザカイアが、仔リニックス2頭を斬り殺し、ルシフェーラは助かったのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」34話の感想

リニックスは死にましたが、カーリッドは気を失うほど負傷してしまいました。しかも仔も現れました。

仔を育てるために、あのリニックスは普段いないエリアにまで、餌を求めに来たのでしょうか。

カーリッドは、最期までルシフェーラを守ろうとしました。

首を切り落とされたエステルにしてみれば、何故今更と、受け入れられる状況ではないですよね。

カーリッドはルシフェーラに、かつての仲間のような親しさを感じたのでしょうか。

ルシフェーラの方は、いくら憎くても見殺しにすることができなかったようですね。カーリッドを助けるのに、自分自身に言い訳しているよう見えます。

そして最後には、命を投げ捨て、カーリッドを守ろうとしました。カーリッドを憎みきれずにいたのか、騎士として反射的に動いてしまったのか、無意識の行動だったので、本人も青ざめていましたね。

そのタイミングで、ジェザカイアがリニックスを排除しました。間に合ってよかった、さすがヒーローです。

気だるそうに久しぶりだなと言うジェザカイア。ルシフェーラが憎むカーリッドを何故助けようとしたのか、あとでジェザカイアに色々訊かれそうですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください