漫画「その騎士がレディとして生きる方法」26話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」26話のネタバレ

アイディン伯爵は、苦しむ妻ルアナのために治療薬を入手したかったのだが、黄熱の流行によって価格が高騰し、当時の財力では手に入れることができなかった。

絶望するアイディン伯爵は、メッシーにも給与を払えないかもしれないから、新しい雇用主を探すよう提案するが、メッシーは伯爵を励ます。

ルシフェーラは幼いながらも、必死に母の看病をしていた。

金策に走る伯爵は、領地の二子山に宝石鉱山が見つかったため、そちらに向かい外出中だった。

それを聞いたルシフェーラは、これで治療薬が手に入るのだと喜んだが、伯爵が戻る前に母の病状が悪化した。

苦しむ母は、自分を殺してもらうよう父に頼んでほしいと頼んだ。

ルシフェーラは震えながら、なんとか母を励まそうとしたが、母は動かなくなってしまった。

そこへ、ようやく薬が手に入ったのだと伯爵が駆け込んできたが、愛する妻の死を知り、その場に崩れ落ちた。

ルシフェーラは、薬が届いたと母を揺さぶり、父に対しても、母が動かないのだと揺さぶった。

だが伯爵はその手を払い、机にあった薬を飲んで服毒自殺を図った。

伯爵は処置が早くなんとか助かり、ルシフェーラのことを考えなかったと後悔して娘を抱きしめたものの、ルシフェーラは酷く傷ついてしまったのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」26話の感想

ルシフェーラは、目の前で母が苦しんで亡くなっただけでなく、父親まで目の前で死ぬところでした。

13話で、どうせ行かないでと言っても行ってしまう、というルシフェーラの心の声は、このことが関係しているのかもしれませんね。

一人残される彼女はどれほど傷ついたことでしょう。父親がどれほどルシフェーラを気にかけても、今ひとつ彼女に伝わらない原因は、今回のことなのでしょう。

伯爵も錯乱していたのでしょうね。目覚めてすぐにルシフェーラに謝っていたのですが、幼い彼女には耐えきれるものではなかったようです。

エステルは、こうしてルシフェーラの過去を少しずつ経験し、新たなルシフェーラとして馴染んできていますが、本来のルシフェーラは傷ついたままどこかを彷徨っているのでしょうか。

皇居の湖に身を投げたときに死んでしまい、この世からいなくなってしまったのでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください