漫画「その騎士がレディとして生きる方法」27話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」27話のネタバレ

領地の宝石鉱山がもっと早く見つかっていれば、母親の死と父親の自殺未遂、当時9歳のルシフェーラの心の傷は回避できたかもしれなかった。

彼女は、なぜ以前のルシフェーラがこの領地に足を運ばなかったか理解したのだった。

その頃の首都では、最近グリーンヒルで流行っているという騎士の純愛を描いた恋愛小説を、イオジープがジェザカイアに勧めていた。

強引に勧めてくるので、ジェザカイアはイオジープの本を投げ飛ばす。

ルシフェーラの名を出すとジェザカイアが反応するので、イオジープは、急に人が変わってしまったことや、剣の腕を見抜かれたことなど、彼女が気になるのだと話す。

イオジープが先代ハイント公爵から剣術の手ほどきを受けていたのは、ジェザカイアとイオジープの護衛しか知らず、侍従もイオジープの配下だから、情報が漏れたとは考えにくかった。

イオジープは考え、ルシフェーラと手が触れたときに手のまめで気づかれたようだと説明し、ジェザカイアに意見を求めるが、ジェザカイアはそれよりも、イオジープがルシフェーラと手を触れ合ったことが気になっていた。

イオジープは、思いもよらぬジェザカイアの言葉に爆笑する。

ジェザカイアが、イオジープもその兄も彼女に関心を持たないでほしいと言う。

イオジープが、兄に禁足令(外出を禁じられる)が出された理由はわかるかと聞くと、ジェザカイアは、テミールが侍女を痛めつけていると、自分が皇帝に告げ口したからとのこと。

ジェザカイアの行動に驚くイオジープ。

ちなみにイオジープは、兄がルシフェーラの代わりに、黒髪の侍女を痛めつけていたことは知っていた。

イオジープが、なぜ突然あのような乱暴をし始めたのか、何か知っているのかと尋ねると、ジェザカイアは気まずそうな表情になった。

イオジープが、ルイルク公爵がアイディン伯爵領近くの村に泊まったことを教えると、ジェザカイアは慌てて部屋を出ていった。

一人残ったイオジープは、兄が本当に利口だったら一介の伯爵令嬢になど手を出さず、真っ先に自分を殺しただろうと独りごちる。

ジェザカイアはバーナードから、もう領地に着いているはずのルシフェーラから手紙が届いてないことを聞き、何かトラブルがあったのかもしれないと考えた。

そして出征すると言い出したので、バーナードは、また始まったと心の中で呆れながらも指示に従う。

先代公爵は首都では派閥作りに注力していたが、ジェザカイアは外に出向いてばかりだった。

そうしてジェザカイアは皇帝に報告した後、すぐにアイディン伯爵領に向けて出発したのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」27話の感想

ルシフェーラの過去は悲惨なものでしたね。こうしてみると、エステルもルシフェーラも、辛い人生でしたね。

なぜエステルの魂がルシフェーラの体に入ったのか、悲劇以外にも共通するものがあるのでしょうか。

そんなルシフェーラを支えるジェザカイアは、思いっきりルシフェーラに惚れていました。

手が触れただけでイオジープに嫉妬し、彼女が危険かもしれないと知れば、ゴリ押しで騎士団を連れて出発しました。

でも本人は恋心を自覚していないのですよね。ことあるごとに、婚約者だからと言い訳しています。

今回は、皇太子の犬であるルイルクがルシフェーラを害を加えるかもしれないので、ジェザカイアは急いでいました。かなり危険ですよね。皇太子はルシフェーラをどうするつもりなのでしょうか。

ジェザカイアは間に合うと良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください