漫画「帰還者の魔法は特別です」158話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」158話のネタバレ

支援軍の到着に、補給路を守っていた兵士たちが大喜びした。

支援軍の代表ユタが、補給路を守るジェレオン少佐に挨拶し、もう少し粘れば応援が到着すると話す。

その間にも、アウターからの砲撃は続き、皆急いで所定の位置に戻る。

アウターの勢いは弱まってはきたものの、数では負けているし、前線にいるはずの山岳王ラディンの姿も見えなかった。

すると、自軍が味方同士で戦い始め、港湾側の城壁が陥落寸前だという声が聞こえてきた。

港湾側では、突然血管が膨れ上がっり、牙が生えた兵士が仲間を襲っていた。

駆けつけたプラムが蹴り飛ばしたが、洗脳されているのか狂ったままなので、今度は気絶させようと試みるが、動きは止まらなかった。

プラムは兵士の膝を折ることで動きを止めた。

デジールは、精神支配系の魔法が使われているので、殺さずに物理的に動きを止め、逆算することに。

制圧後、デジールは洗脳された兵士を調べ、術式ではないものが使われているため、逆算できないことを説明する。

特殊な血を注入することで魔法をかけ、精神支配しているようだ。

この秘伝魔法に対抗するには、かかった者の血を抜くか、術者を倒すしかなく、デジールはそのことをユタに伝言してもらうよう、ケルトに頼んだ。

一方、山岳王ラディンは血液を扱う女幹部に、仲間のアウターにまで影響しているが良いのかと言うと、女はどこ吹く風だった。

女は、デジール達が自分を倒すために動き始めたことを知り、神殿まで彼らを出迎えにいくのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」158話の感想

アウターの血液女は、厄介な能力でしたね。まさか逆算できないとは思いませんでした。

どのような方法で血液を注入するのかわかりませんが、デジールたちの誰かが操られたら大惨事になりそうですね。

操られた兵士は牙が伸びたようなので、吸血鬼化しているように見えます。

結構な兵士が操られたので、かなりの痛手ですね。血液女を早く倒して解除したいところですが、そうは簡単にいかないのでしょうね。

せめてカラス仮面のように逃がすことなく、あの神殿で倒しきることができればいいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください