漫画「その騎士がレディとして生きる方法」21話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料マンガアプリ・LINEマンガで連載中の「その騎士がレディとして生きる方法」그 기사가 레이디로 사는 법

原作:ヘリム、文・絵:Ink

イシュタルと呼ばれた女騎士が、同じくイシュタルと呼ばれる貴族令嬢に転生し、仇敵の婚約者と、自分を殺した裏切り者との関係に翻弄される、恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」21話のネタバレ

あの時のジェザカイアは驚かせるつもりだったのだが、彼女の笑顔に魅了されてしまい、体調の悪い彼女を刺激してしまったと、後悔する。

それでもルシフェーラの笑顔が忘れられないジェザカイア。

星のように輝いていた瞳は、エステル・シューペルトのようだと思い、あの凄腕の女騎士とルシフェーラを比べる自分がおかしくなったと思う。

バーナードに残りの手紙を読んでもらうと、ルシフェーラが領地に戻るという内容だった。

ルシフェーラが領地に戻る日、アイディン伯爵は、領地で採掘された宝石で好きなアクセサリーでも作ればいいと、なんとかルシフェーラの機嫌をとろうとした。

ルシフェーラは、図々しく生きているカーリッドを見て理性を無くしたことと、ジェザカイアに失態をおかしたことから、自分は父の言う通りまともではないと言う。

父の迷惑にならないから、健康になったら首都に戻してほしいと頼むと、アイディン伯爵は悩んだが許可した。

虚ろな瞳のルシフェーラを見て、メイドのロイザーは、精一杯手伝うからと励ます。

すると第二皇子イオジープがやってきたので、突然馬車が止まった。

ルシフェーラは馬車から降り、イオジープに挨拶する。

以前イオジープが殴って気絶させたにも関わらず、しれっとどうでも良いことを話し始めるので、ルシフェーラは適当に流そうとする。

だがイオジープは笑みを浮かべると、ルシフェーラが倒れた時、第二騎士団に協力してもらったのだと言い、カーリッド・ルイルクを連れてきたのだ。

カーリッドの声を聞き、ひどく動揺するルシフェーラは、震えが止まらないのだった。

漫画「その騎士がレディとして生きる方法」21話の感想

ジェザカイアは、ルシフェーラの笑顔が大好きですね。

ルシフェーラの瞳がエステルの瞳と似ていたと思った彼ですが、いつか中身がエステルだと気づくのでしょうか。

しかし腹黒い男性キャラクターばかりなので、ジェザカイアの純粋さに癒やされますね。

父親のアイディン伯爵ですら何を考えているのかわからないので、可能ならジェザカイアと一緒にいるべきですね。

社交界は駆け引きが必要なので、イオジープやカーリッドのような社交に長けていない限りは、領地に引っ込んでいるのも良いかと思います。

先ずはしっかり体力をつけるところからですね。技術は覚えているだろうから、体さえ動けば、全盛期ほどではなくても、戦えますよね。

ルシフェーラには、皇太子や絡んでくる令嬢など他にも敵が多いので、この機会にいざというときのための体力作りをすべきです。領地ならある程度自由に動けるはず。

さて、腹黒イオジープがカーリッドを連れてきました。面倒な男に目をつけられてしまいましたね。

ルシフェーラは、なんとか耐えてやり過ごすことができるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください