漫画「実は私が本物だった」最新話46話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※各エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

登場人物まとめはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話46話のネタバレ

メイドのエミリーが、ドレスカタログを眺め、いつか自分も着ることはできないかと夢を膨らませていると、一緒に見ようとコゼットが話しかけた。

恐れ多いと慌てるエミリーの隣に座ると、このドレスなら貴女に似合うのではないかと、にこやかに話す。

エミリーは、コゼットも平民として育ったのにと、一夜で貴族になった彼女を羨ましく思った。

コゼットはその気持を利用しようと、エミリーの手を握り、明日一緒に衣装室へ行こうと誘う。

専属メイドがいないが1人で行くのは自信がない、ついでに首都探索も行きたいと言う。

キイラはデザイナーを屋敷に呼んで済ませていたため、衣装室に行くことがなく、エミリーにとって魅力的な誘いだった。

そこに行けば自分も着飾ることができ、コゼットのように人生大逆転できるのではないかと、夢見てしまう。

行きたいが、と俯くエミリーを、コゼットは怪しげな笑顔で見つめた。

その後キイラはエミリーから報告を受け、コゼットに専属メイドがいないのは事実だから、コゼットと衣装室に行ってもいいと許可した。

また、ここでの話は誰にも話さないようにと命じる。

エミリーは、衣装室に行きたかっただけで下心があるわけはないと説明する。

キイラはエミリーの頬と手に触れ、心配しないでと微笑む。

エミリーがほっとして、部屋の外に出ると、ロゼと出くわした。

ロゼは、エミリーがコゼットと仲良くしていたことが気に入らず、さらにコゼットカラーの金と赤のブレスレットをしているのを見て、頭に血が上った。

エミリーは、台所の仕事があると、大急ぎで逃げた。

その様子を物陰から見ていたコゼットは、ニヤっと笑みを浮かべるのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話46話の感想

コゼットは、屋敷内の味方を増やそうと、あれこれ動いていますね。

寄り添うふりをして、巧妙に近づくので厄介です。

ただ既にエミリーは、キイラのスパイのようでした。

あのブレスレットも、金と赤なのでコゼット派のように見えますが、カモフラージュのような気がします。

ロゼにキイラ派だと教えていないのは、コゼットに疑われないためではないでしょうか。

キイラは二度目の人生なので、まさかここでまんまと負けることはないと思うのですよね。

キイラは誤解されやすいですが、本来は人に好かれやすい人物なので、使用人と接する機会を増やせば、キイラ派の人数はすぐに増えると思います。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください