漫画「帰還者の魔法は特別です」152話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」152話のネタバレ

ドネーフとの手合わせに、アゼストは挑戦すると答え、屋外に移動した。

大勢のエステバン人が観戦に集まったが、威圧感はアゼストが対峙するドネーフ1人だけのものが勝っていた。

デジールは、大丈夫だと言いながらも、心配そうにアゼストを見つめる。

手合わせは、戦闘不能もしくは戦意喪失で失格となる。

アゼストは、かつてないほど緊張し、剣を持つ指から大地を踏みしめる足まで、震えを感じていた。

開始早々、アゼストは硬直してしまい、パンチを受けてしまう。

受けたのは剣だったが、それでもクローズラインのマナ残量が50%も削られてしまった。

吹っ飛んだアゼストを、ドネーフは地面に叩きつけ、この程度なら武器を使うまでもないと、アゼストの実力に失望する。

だが、地面から氷の矢がいくつも放たれ、ドネーフは持っていた巨大な斧で防ぐ。

アゼストは、白いカラスの森という、氷の森を作りだした。

ドネーフはすぐに倒れなかったアゼストに興味を持ったが、氷の木から回り込んだアゼストの攻撃を防ぎ、この程度の呪術で勝てると思ったら間違いだと言い、周辺の木を一気に破壊した。

粉々になった氷の破片はすぐに氷の槍に変わり、ドネーフに向かって飛んでいく。

だが、ドネーフはその攻撃を受けても無傷だった。

アゼストは、このような奴に本当に勝てるのか、自分に資格はないのではないかと諦めかけるが、デジールの信頼を裏切りたくないと、剣を構え直した。

ドネーフは、戦士の目になったアゼストを気に入り、本気をだして攻撃をした。

マウント・ストンプという、オーラを流し込み大地全体を揺らすドネーフのスキルなので、デジール達観客にも影響があるほどだった。

アゼストは氷結宮殿を召喚し、なんとか耐える。

それならばと、アゼストは魔法剣をつくり、ドネーフに斬りかかるが、攻撃を受けたドネーフはたったまま平然としていた。

ドネーフのオーラをかき分けて冷気が押し寄せてくるアゼストの攻撃に、ドネーフは何かを気づきそうになる。

アゼストがそこで追撃せずに、すぐに後方に下がったので、ドネーフは妙に思った。

アゼストは、足りないと言い、周辺の冷気を取り込み始めるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」152話の感想

ドネーフのサイズ感・・・大きいですね。

さて、極氷の中心チャレンジの権利を得るために、アゼストとドネーフが手合わせしました。

アゼストも影の迷宮の生き残りですが、まだ成長途中なので、既に国1つをまとめているドネーフには歯が立ちません。

それでも、決して折れない心を持っているので、ドネーフはその都度アゼストを評価しています。

アゼストは心が折れそうなときは、常にデジールを思い浮かべていますね。

そうして彼女は、周囲の氷のマナを集めたのか、髪をふくめ全身が白っぽくなりました。ここにきてさらに成長しましたね。

ドネーフを満足させられる結果を出せるでしょうか。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください