漫画「異世界剣王生存記」96話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」96話のネタバレ

25年生きたそれは、その地域で最強になったが、一度食べたものと弱いものは、それを成長させることができなかった。

基礎代謝もあがり月に1度の食事でよくなった。

退屈な日々を送っていたそれは、久しぶりの痛みや、殺意を露わにする存在に興奮した。

キビエは、キビエの神聖力を使い、光輝のガイドラインをいじり、天使を天使として認識できないようにした。

結果、光輝はそれと対等に戦うことができていた。

キビエのオーラも少し移り、光輝の体に黒いベルトのようなものがいくつも巻き付いていたが、光輝のオーラ量に比べてキビエのオーラは僅かなので、それほど効果はないようだ。

キビエは、ラオンデルをスノーに任せ、エピルとアーティスを回収しようと考えたが、ラオンデルは眠りながら家族を恋しがったため、スノーは自分が代わりに行くと言う。

残っていたブラッド・サッカーを操り、人間の姿に戻るスノーは、ラオンデルにはあなたが必要だと言い、キビエはありがとうと言った。

その頃、光輝はずっとそれの頭部を狙っていたが、ずっと躱され続けたので、頭を守っていた腕を斬り飛ばした。

だが、砂埃で視界を塞がれたときに、至近距離で光線を撃たれそうになる。

しかも、何故か光輝のマネをし始めていた。

その瞬間現れたアーティスの魔法のシールドで、相手に反射することができた。

光輝はアーティスとエピルと合流し、エピルが腕を負傷しているので、うまく飛べない事を知る。

光輝は、自分がそれの相手をするから、アーティス達はゲートに逃げるように言うが、それの攻撃で足元が崩れた。

アーティスは光輝が掴んだので無事だったが、少し離れていたエピルにまで手が回らず、エピルの体は投げ出される。

スノーがエピルを助け、エルフを食べたせいで、あれが進化するから攻撃の手を止めてはいけないと警告する。

半分蛹のようになったそれは、凄まじい光線を放ち、光輝とアーティスは力を合わせて、その攻撃を防ぎ、それの口に剣を刺す。

キビエの能力も限界になってきていた。

光輝は、ようやく頭を攻撃できるといい、それの顔面にホリゾンタル・バーチカルスピア・クロス。インパクトを叩き込むのだった。

漫画「異世界剣王生存記」96話の感想

キビエが光輝に施したのは、ガイドラインのバグだったのですね。なるほど。

これで対等に戦えるようになり、永らく退屈だった巨人型天使を喜ばせました。

その天使は、その土地で最強になっても、成長などの変化や刺激がなくなってしまったので、ただ生きるだけのつまらない日々を送っていました。

何の刺激もないというのは、想像しただけでゾっとしますね。光輝達の登場には感動したでしょう。

そんな巨人型天使ですが、光輝の攻撃によって、頭が十字に破壊されました。

これでこの戦闘は終りを迎えるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください